Jump to content


"Tank For Sale" TOG II コンテスト開催


  • This topic is locked This topic is locked
28 replies to this topic

Eiseihei #21 Posted 21 January 2014 - 11:02 PM

    Private

  • Member
  • 12684 battles
  • 5
  • [ROSA] ROSA
  • Member since:
    08-29-2013

戦車兵が英国面に拉致されて 
車体ボコボコに徹甲弾食らって 
火災ランプが点滅すると 
あと3秒で力尽き果てる 
その時のTOGⅡ*の苦しむ姿にドキドキするって 
英国的凌辱だぜ! 
装甲かぶったTOGⅡ*ゎ後ろ見えねぇし 
息ゎ苦しいし
TOGⅡ*最後の3秒ゎ3秒以上にわたり 
絶対負けるはずのないTOGⅡ*が倒れる 
そんなのあり得ない! 
力尽きたTOGⅡ*が倒される
マヂ苦しい 
乗員全員死にそう 
力が入らなくなったTOGⅡ*の弾薬庫が大きく開かれて 
弾薬庫に152 mm M-10が容赦なく突き刺さる 

砲塔まで突き上げる榴弾に苦しみ喘ぐ息も装甲で塞がれて 
最初ゎギュンギュン唸っていたPaxman 12TPも 
火災で馬力が薄れてくると
最後ゎ"アレ"がやってくる

 

TOGⅡ*だって死ぬときゎ爆散するんだよ 


「あー!!逝ク!!

」 
弾薬庫にボカボカと弾丸が撃ち込まれると同時に 
TOGⅡ*も意識がぶっ飛び爆散 
そのあとガダガタと振動したまま動かなくなった 

TOGⅡ*の夢枕に現れたのゎ 
あの、TOGⅠ
「息子のTOGⅡ*は弱いな!!オレを見ろ!!絶対死なないぞ」 
(あっ…あっ 父ちゃんだ) 
TOGⅠTOGⅠ!!」 
おいおい、気安く呼ぶなよ!!一応親だから来てやったんだぜ!勝利を見守ってやらねーぞ!!」 
TOGⅠから強力な馬力をもらって帰ると 
イギリスで委員会が始まった 
やっぱり
馬力ゎ増えた方がいいかな 

 

Attached Files

  • Attached File   4726c714c2bf580cac3fef588e0ed782.png   218.28K


t_mark3217 #22 Posted 21 January 2014 - 11:31 PM

    Private

  • Member
  • 5867 battles
  • 1
  • Member since:
    04-18-2013

やったぜ。                    投稿者:変態英国親父

 

先日、二回になるが例のソ連のTier6重戦車とマリノフカの中央でひさしぶりに会ったんや。

 

平原で丘上からは丸見えなとこなんで、
 

2人でラムしあってからわしが持って来た、
 

17ポンド砲と122mm砲をお互いに入れあったんや。
 

しばらく慢していたら2人とも乗員がぐるぐると言い出してお陀仏になり
 

お互いに車体下部を抜きあっていたんだが、
 

TOGも1Sも慢の限界が近づいているみたいで、
 

弾薬庫がひくひくして来たんや。1Sがわしの履帯をめながら 
 

ああ^~もうammo luckが出るう~~と言うまもなく、わしの砲等にどば~っと122mmが流れこんできた、
 

それと同時にわしおっさんの弾薬庫とエンジンに17ポンド砲を思い切りひりだしてやったよ。
 

もう顔中にammo luckまみれや。お互いに弾薬を塗りあいながら
 

体中にぬってからわしおっさんの弾薬庫にもう一発装甲貫通してから
 

金弾まみれの17ポンドを押し込みながらを使い弾薬庫を17ポンドですくいとり、砲塔の中に押し込むとめているんや。
 

お互いに金弾をかけあったり榴弾を何回もぬりあい楽しんだよ。
 

最後は昼飯のままお互いの履帯に発射したんや。
 

3人や4人でTOGまみれでやりたいぜ。おっさんもTOGⅡが好きみたいじゃ。
 

砲塔は114*76*53、車体は、76*76*50や一緒にTOGまみれになりたいやつ購入してくれよ。
 

WGのギフトショップや。まあ~3500Gあるならいけるで。
 

はようTOGまみれになろうぜ。



Atlasia #23 Posted 22 January 2014 - 12:35 AM

    Private

  • Member
  • 1503 battles
  • 3
  • [TKG] TKG
  • Member since:
    01-25-2013


Ringo_T #24 Posted 22 January 2014 - 09:55 PM

    Private

  • Member
  • 5124 battles
  • 1
  • [JPBT] JPBT
  • Member since:
    10-30-2013

いらっしゃいませ! 本日はWorld of Tanksプレミアムショップへようこそおいでくださいました!!

本日はどのような商品をお探しでしょうか?  …ふむ、重戦車ですか。

それでしたら非常によい商品がございます。あ、申し遅れました。私、プレミアムショップ英国担当のRingo_Tと申します。こちら名刺です。今後ともよろしくお願いいたします。

それで私がお勧めさせて頂いております重戦車というのがTOG II*です。あ、これがパンフレットです。

WoT業界では結構有名な戦車でございますので、お客様も一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、一応説明させて頂きますね。

この戦車、Tier6となっております。主砲は17ポンド砲を搭載しております。これは同じイギリス重戦車のBlackPrinceの最上級グレードの装備と同じものになるのですが、なんとこれが標準装備としてついてきます。

Tier7の重戦車と同等の砲がオプション料金なく初期装備としてついてくる、大変お得な仕様となっております。強力ですよ。

それから耐久力はTier8に迫る1400と、莫大といっていい耐久力を持っております。

さらには基本的にTier8以上と当たらないマッチング優遇お守りというものが組み込まれております。これによりTier7までとしか会わないため、その砲と耐久力は必然的にトップクラスとなることが間違いないため、

運用しだいで多大な戦果を残すことが可能となっております。

その他の仕様に関しましては先ほどお渡しいたしましたカタログに詳しく載っておりますのでご一読くださいませ。

 

どうでしょう、お気に召しましたでしょうか?え、お買い上げいただける!大変ありがとうございます。こちら定価で3,500ゴールドとなっております。現金ですとガレージスロットがついて1,739円となります。

それからオプションとしてこちら、ディーラー特製の特大内張り装甲もお勧めしております。最初はなしでいいと買っていかれた方も、わざわざお戻りになってお買い上げ頂けるほどよい製品であることは間違いございませんので。

 

最後に、こちらの商品、返品交換が不可となっておりますので、そこだけご注意くださいませ。それでは快適な戦車生活をご堪能ください!本日はお買い上げ、ありがとうございました!!



kuyune #25 Posted 23 January 2014 - 12:13 AM

    Private

  • Member
  • 8030 battles
  • 4
  • [RAVN] RAVN
  • Member since:
    11-30-2013

プレミアム戦車TOG II*に乗ったその瞬間から、あなたは戦場のトップアイドル!
周りの戦車兵達がTOG II*の姿を発見するやいなや、ざわめきが起こります。
「Looooooooong!」「HOT TOG」「Is this WoWs?」
…馬鹿にされてる?
いえいえ、戦車兵達の愛情表現は少し変わっているのです。

 

さぁ、出撃!
最高速度は14km/hと非常にゆっくりですが心配はいりません。
TOG II*は決してあなたをひとりぼっちにはさせません。
味方戦車が前線で敵を探している間、
別の味方が重い重いと唸りながらも、背中をぐいぐい押してくれます。
広くて快適な車内で英国名物の紅茶とスコーン、そして味方とのスキンシップやトークを楽しみながら
優雅に戦場へ向かうのにちょうどいい速度ですよ。

 

↑ ソロで出撃してもこの通り。TOG II*を愛する味方戦車のみなさんと、マリノフカの丘で記念撮影。

 

一方の敵チームは、戦場のアイドルTOG II*の登場を今か今かと待ちわびています。
「come...come...」「TOG is around C7」「1.4k HP」「Exp bag coming」
敵に発見された時はまさにライブの幕開け。
全長10.13mの大きな車体めがけて、大歓声の代わりに無数の砲弾が飛んでくることでしょう。
しかしここでも心配はいりません。
TOG II*はこの大きさでありながら、実は超信地旋回が可能なんです。
華麗に車体の向きを変えて砲弾を弾き返し、
高貫通の17ポンド砲を連射して戦場を熱く盛り上げましょう!
装甲は76mmと控えめですが、Tier6の戦車では最大のHP1400を誇るTOG II*は
そう簡単には倒されません。

 

そして、倒されてもなお存在感を放つ大きな車体は、
時に敵の進路をふさぎ、時に味方戦車の安全なシェルターとなります。
HPが尽きてからも大活躍できるって、素敵でしょう?

 

あなたもぜひ、皆に愛されるTOG II*の魅力を体験してください。
一度乗ったらきっと病みつきになりますよ!



sasya666 #26 Posted 23 January 2014 - 08:41 AM

    Corporal

  • Member
  • 13238 battles
  • 23
  • [INDEX] INDEX
  • Member since:
    03-26-2013

World of Tanksゲーム内のショップ

とあるセールスマンの一つの商談Ⅱ*

 

 先月日本中戦車九七式中戦車チハの拡販にひとまず成功し、一定の評価を得られた私は年明けから本社直属の特別拡販部へ応援に来ている。

 1月17日の拡販戦略会議会議の結果、今回の商材はイギリス課金重戦車TOGⅡ*を拡販することになった。本社への収益に直結する重大な任務だ。TOGⅡ*といえば戦場ではある意味超人気の、もはや説明不要の名物戦車。そういえば先輩は「TOGとTOGⅡとTOGⅡ*はそれぞれ別な戦車だからな!*を忘れんなよ!!」って言ってたな。*無しは試作品らしい。まあそんなことより、余裕を持って用意されたショールームにギリギリおさめられているその巨体を見上げ、思案に暮れていた。

 しかしエライ派手なことになっているが、経費節減でとあるお得意様のクランの一員から展示車体をレンタルしているらしい。痛戦車というヤツだな。たしかに注目度は間違いない。しかし戦場でのイメージとしては「hot tog」「looooong」「HT枠無駄使いすんな」「橋をふさげ」「TOGかよ・・・負け試合か・・・」とか完全イロモノキャラになっている。私も個人的に利用しているが結構勝ててるんだけどなぁ。

 

客「あのーすいません。ちょっといいですか。」

 

おっ。丁度課金戦車コーナーにご来店のお客様からお呼びがかかった。

 

「はい!いらっしゃいませ!少々お待ちくださいませ!」

 

-課金戦車カタログコーナー-

客「課金戦車っていろいろ有利に設定されているんですよね?

 

「はい。車種によってですが、例えばマッチング優遇であったり、収支優遇であったり、既存乗員をペナルティー無しで載せ替えができたりと様々ですね。しかし性能に関しては通常戦車よりは多少性能がとがっているケースが多いですね。

 

客「ふむん。いやね、ちょっと正月に無茶しすぎてクレジット不足になってしまってね。知り合いに聞いたら課金戦車が結構儲かるという話だったので調べに来たんですよ。」

 

「左様でございますか。本日は何かご検討のものがありますか?」

 

客「一応予算は4000Gで。できればソ連、イギリス、ドイツから選びたいんだけどね・・・」

 

「ほほう。4000GとなりますとTierⅤ~Ⅵですかね。もうちょっと出してTierⅦ~Ⅷという手もありますが・・・」

 

客「いやほんとにMax4000Gしかないのでね。TierⅤはⅣ号戦車でなんとかなってるしなぁ。でもⅣ号戦車は格上戦だとダメージショボくて思ったほど稼げないんだよ。TierⅥはKV-1Sだと勝てるんだけどは弾代がすごくてねぇ・・・今持ってるのがTierⅦが最大なので課金でこれを超えちゃうのはちょっとプライドが許さないんですよ(笑)」

 

「なるほど。そうですね・・・KV-1Sはいい戦車ですよね。122㎜は弾代が困りますけど。」

 

客「そう。弾代といえばポルシェティーガーも格上だとAPCRでお金かかって仕方ない。」

 

「はは。私も同じようなもんですよ。予算内でとなるとソ連SU-100YかドイツⅣ号シュマールトゥルムかD-MAX、イギリスTOGⅡ*ってところですかね。」

 

客「うん。SU-100YかD-MAXかで考えてるんだけども無砲塔戦車が絶望的に苦手なんですよね・・・」

 

「ふむ、となるとⅣ号シュマールトゥルムかTOGⅡ*ってところですね。」

 

客「Ⅳ号シュマールトゥルム・・・このカタログか。うーん・・・やっぱガマンしてSU-100Yかなぁ」

 

「なるほど、SU-100Yのカタログはこちらですね。ソ連のTD乗員はありますか?」

 

客「あ、そうか。乗員考えてなかった。えっとSU-100Yの乗員は・・・6名か100%で雇うと1200Gか完全に予算オーバーだ。」

 

「しかも弾代がKV-1Sより高いですね。金策としてはオススメできませんね。ドイツ側の乗員はいかがですか?」

 

客「中戦車と重戦車しかないなぁ・・・専用に駆逐戦車乗員雇うのは予算が厳しいなぁ。」

 

「となるとⅣ号シューマルトゥルムかTOGⅡ*ですね。」

 

客「Ⅳ号Sかー。口径75mmしかないんだよね?ダメージが軽いなぁ。だったらⅣ号でガマンしとくなぁ。TOGⅡ*ってあのでっかいやつでしょ?(笑)実際のところどうなの?よく袋叩きにされてるけど。

 

「でしたら展示コーナーの方に行きますか。こちらでございます。」

 

-移動中-

しかしマイナス印象スタートだな。このままだと貯金してTierⅧ課金戦車になってしまいそうだ。現状運用に絡めて上手く提案しなければ。まずは有利な攻撃面、マッチング優待、それから不利な防御力、機動力と進めて最後に現状運用と摺合せよう。

TOGⅡ*コーナー-

客「またえらい派手だね。こんなんだっけ?」

 

「あ、これは有志の方のコレクションを展示させてもらってます。まあ戦場でのイメージはご存知の通りではございますね(笑)。カタログはこちらでございます。主砲はオードナンスQF17ポンドマークⅦ。これがなかなかの良いものでして、APでも平均貫通171㎜、APCRでの平均貫通239㎜なかなかのものですし、精度もいいですね。収束2.3秒の0.36。そして毎分150ダメージを12発撃ちだせるんです。絞り切っても最低7.3秒に1発発射できる計算ですね。体感になりますが弾速も良好ですので偏差射撃もやりやすいですね。」

 

客「ふむ。APの最低値は128㎜、APCRの最大値は299㎜かそれぞれの貫通の振れ幅が少ないのはいいね。精度もいいしダメージは次第点だけど装填はいいね。」

 

「さらにこのTOGⅡ*にはTierⅥ課金戦車唯一のマッチング優待がありまして、TierⅧ以上にはマッチングしません。つまり、貫通力に関してはよっぽど場所と角度が悪くなければT29の砲塔正面以外は貫通可能です。まあ重戦車の砲塔防盾は避けてくださいね。」

 

客「それは助かるなぁ。まだTierⅧの装甲値や弱点覚えきれてないし。しかし車体がなぁ・・・デカイよ(笑)

 

かいですね(笑)。しかし正面から見ていただければわかりますが、正面面積はわりと通常規格なんですよ?高さはM6やKV-2程度ですね。さらに砲位置が結構高めに設置されていまして、俯角は-10度。ハルダウンすれば長い車体も隠せます砲塔正面装甲は114mmの円筒型。これが結構弾いてくれるんです。あ、車体側面の中央にはお気を付けください。弾薬庫がありますので榴弾が貫通したら1400のHPも蒸発します。」

 

客「うーん。まあでかいけどそれほどでもないか。しかし、足が遅くてはハルダウンする場所探すのも大変そうだけど?

 

「はい。あちこち動き回る足はありませんので、戦況をしっかり見据えることが重要です。そのMAPでの重要ポイントに敵の射線が通りづらい場所を選んで最短距離で移動する。出来れば援護できるようにこちらは砲塔だけ出して援護射撃できればベストですね。HPは潤沢にありますが装甲は砲塔正面の114mmがMaxです。車体についてはいくら角度をつけても貫通100㎜もあれば貫通されてしまいそうです。なるべく被弾は避けるべきですね。たとえばVK30.01Pのような立ち回りですね。」

「あ、あと長い車体が隠せる市街戦も意外と得意ですよ。車体後部を隠して角度をつければ車体正面であればそこそこ弾きますし履帯に吸収させることもできます。単純なダメージ交換だったら高貫通と高いHPで1対1ならかなり強気に戦えられますし、移動が遅くレティクル収束も良好ということもあり前進しながら射撃しても結構当たります。

 

客「足が遅いからVK30.01Pみたいに先行しすぎて爆散ってことはなさそうだけど、特攻軽戦車にNDKされそうだなぁ。無防備にSPOTされたら自走砲にやられそうだし。」

 

「そうですね。いくら鈍足とはいえ、孤立だけは避け、味方の援護射撃が可能な場所を進行してください。ELC AMXの90mm砲は痛いですよ。(笑)あと、隠蔽は最悪ですが迷彩塗装を施してください。お勧めは砂漠のケーキ迷彩ですね。デザートなだけに(笑)

 

客「はあ(呆れ)」

 

「・・・失礼しました。(´・ω・`)」

「あ、マリノフカなどの特定MAPですとリスポーン位置によっては開幕早々対岸から丸見えになります。あと常に自走砲の射線を意識してください。余談になりますけど長い車体を使って道を閉鎖する方がおられますが、狙ってやるにはリスキーすぎます。旋回速度もありませんし何より味方にとっても邪魔になってしまいます。そんなことをしているヒマがあれば17ポンド砲を敵にぶち込んでいただいた方がよろしいでしょう。

 

客「そうだね。もうどうしようもなくて閉鎖するべきだったらありなんだろうけどね。」

 

「ところでイギリスの重戦車乗員はありますか?TOGⅡ*装填手2名の6名ですが。」

 

客「チャーチルⅠの乗員があるね。えっと。無線手と装填手が足りないか。400G、まあ予算内か。」

 

「足りない分には申し分なかろうかと。チャーチルⅠの乗員スキル育てるにも使えますし。無線手は次のチャーチルⅦで使えます。

「あ、チャーチルⅦが開発済みなら無線手は兵舎でチャーチルⅦ用で雇ったのをTOGⅡ*に乗せるといいでしょう。ペナルティーありませんし。」

 

客「ふうむ。今まで快速戦車ばかり乗っていたから、この機会に鈍足戦車の運用の仕方を覚えるのにいいかもな。チャーチルⅠやポルシェティーガー、ISの戦績もイマイチだし。」

 

「左様でございますか。特にポルシェティーガーはTOGⅡ*と運用が共通しているところが多いです。しかも装甲がありますから同格、格下には強気に出れますし、格上戦ではTOGⅡ*で培った立ち回りを実施すれば活躍できるでしょう。 TOGⅡ*で慣れればどんな重戦車も快速で重装甲で車体のとりまわしも楽でしょうね。ちなみに自分のHP分ダメージ交換して勝てれば40,000Crの収入は固いはずです。

 

客「40,000CrあればAPCR12発撃っても黒字か。見込みダメージ総量1800。いいね。」

 

「どの戦車でもいえることですが、生き残って勝つ。これが重要です。特にTOGⅡ*は鈍足ですから前半は遠距離狙撃支援、これ、注意が必要なのが繁みに籠って狙撃ではなく、重戦車なんですから進軍しつつ支援です。後半は自陣防衛、残党狩りに効果を発揮します。想像してみてください。後半戦、満身創痍のところにHP1400のTOGⅡ*がぬっと姿をあらわす。うんざりしますよね。(笑)

 

客「ガチンコの殴り合いはできないからね。そりゃイヤだわ(笑)」

 

「オプション品のおすすめは、拡張パーツはラマー、換気扇、内貼りですね。消耗品は救急キット(小)、修理キット(小)、修理キット(大)。乗員スキルは戦友があればいいですが、まあ教官orなんでも屋、オフロード走行、状況判断残りは修理でしょうね。」

 

客「まあそこらへんは使ってみてのフィーリングで・・・かな。」

 

「そうですね。まあ、まずは今の予算で試してみてはいかがですか?慣れた後でも”あのTOGⅡ*”でリザルトTOPとか気持ちいいですよ。

 

客「ははは。そりゃそうだね。じゃあこれ。納車手続きしてくれるかな。乗員無しで。オプションは後から考えるから。」

 

「はい!ありがとうございます!!」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すべての弾を弾くことなく受け止めて耐えるドM御用達の紳士戦車TOGⅡ*

MとSは表裏一体というのも17ポンド砲で体現している変態紳士御用達の優雅な乗り物いかがでしょうか?

無条件で強いわけではありませんが、決して弱いわけではないのです!

ナメプな強戦車を穴だらけにしてやりましょう!!


Edited by sasya666, 23 January 2014 - 06:07 PM.


somukun #27 Posted 23 January 2014 - 08:34 PM

    Corporal

  • Member
  • 5200 battles
  • 26
  • Member since:
    09-03-2013

(とある女の子の主張)

 

TOGⅡ君ってすっごいの!

なんといっても大きいの!それに貫通力が凄くてちゃんと奥まで入っちゃうの!

し・か・も、早くないの、体力もあるし、そりゃ人気出て皆に狙われちゃうよね…

それに、装甲は厚くないから感度はよくって、たまに可愛いんだよ!

 

そんなTOGⅡ君だから、持ってるだけで色んな戦場で色んな人に声を掛けてもらえるんだって!

 

そんなTOGⅡ君を持ってる男の人ってほんと素敵だと思うな♡



spirit_of_panzer #28 Posted 24 January 2014 - 08:29 AM

    Sergeant

  • Member
  • 15149 battles
  • 170
  • Member since:
    10-22-2013

大きな戦車に乗って敵を蹴散らしたい・・・

そんな人にお勧めの戦車があります!

"TOGⅡ"

なんと全長10mもあります!

これはTire10のMausと同程度です

 

TOGⅡには快適な重戦車ライフを約束する3つの特長があります!

大きくてのろまで紙装甲な戦車なんてただ的になるだけと思っていませんか?

確かに普通の戦車ならそうです

しかし,TOGⅡはその弱点を補うだけの長所があります

 

高い耐久力

なんと耐久値1400もあります

これは同Tireの重戦車の1.5倍に相当します

TOGⅡの装甲厚は76mm、ほぼ垂直で貫通しやすいですが

高い耐久力で戦場を生き延びます!

 

高い貫通力

AP弾の平均貫通力は171mmもあります

これは同Tireの重戦車内でトップクラスです

装甲が薄いので貫通されやすいですが

負けないくらいこちらの攻撃も敵の装甲を貫通します

1対1ならば高い耐久値をもつTOGⅡのほうが有利です!

 

広い視野範囲!

視界範囲は360mあります

これは同Tireの重戦車内では

VK 36.01 (H)の370mに次ぐ第2位の性能です

重戦車だらけの戦場になった場合

発見されやすいですがその分敵を発見しやすいです

戦いがスムーズに進みます!

 

敵を蹴散らす!

TOGⅡの活躍のさせ方を紹介します

1.最高速度が14km/hと遅いので遅れて前線に到着します

2.敵の数が多いうちは的になりやすいので後方支援に徹します

3.ある程度的の数が減って激しい集中砲火を浴びにくくなったら

 耐久力に物を言わせて敵を蹴散らしましょう!

 

TOGⅡは敵の数が少なくなった後半に真価を発揮します

遅れてやってきておいしとこをかっさらってい行くTOGⅡは3500ゴールドで販売中です!

 


Edited by spirit_of_panzer, 24 January 2014 - 08:31 AM.


1_Hate_4ll_4rty_4ever_GG #29 Posted 24 January 2014 - 12:01 PM

    Corporal

  • Member
  • 13636 battles
  • 17
  • Member since:
    04-24-2013

'' TOG ll* '' この戦車は前回紹介したChurchill lll と同じイギリスの戦車だ。

まず目に入るのはTier Vl の重戦車にして1400という圧倒的な耐久力と、Mausとほぼ同じという圧倒的な車体の長さだろう。

次に、76mmという重戦車とは思えない装甲、14km/hという恐ろしいほどの遅さ、80tを超える凄まじい重量なども特徴として挙げられる。

主砲の方は、攻撃力は150と少し物足りないが、APでも171mm、APCRなら239mmという貫通力、さらにリロードも早いため、連射ができる。

スペックに載っていない特徴としては、戦場に現れた時に敵も味方も関係なく声をかけられる程、ユニークな車両ということだろうか。

 

この戦車の特徴としてはこんなところだろう、やはり、技術ツリーやWikiを見ればわかることだ。

だが、やはり戦車の特徴を知るには実際に戦うのが早いだろう。

というわけで、今回も私がTOG ll*と戦った時の経験を聞いてもらおう。


場所は珠江、スタート地点は南側、私は152mm砲を搭載したKV-2に乗っていた。

苦労しながらも戦闘を積み重ね、ようやく手に入れた主砲を眺め、気分は最高だった。

早く誰かに撃ちこみ、ロマン砲と恐れられているこの主砲の威力を確かめたい・・・そう思っていた。

4両ほどtierVllの戦車が紛れているが、残りはこの主砲を一発入れるだけで瀕死か即死させることが可能な戦車だ。

味方にはTOG ll*が圧倒的な存在感を放っており、戦闘が始まる前からチャットは盛り上がっていた。

その他には特に気にするような戦車は無いか・・・と思っていたが、実は味方の重戦車は私とTOG ll*の二両のみ、敵にはISやKV1Sなどの人気車両が揃っていた・・・

 

戦闘開始直後、事件は起こった。

15両中、13両・・・重戦車以外の全ての味方が西へ進軍、橋の前は私とTOG ll*のみとなってしまった。

このまま進んでは二両とも呆気無くやられてしまう・・・私はTOG ll*に話しかけた。

「西へいった味方が突破するまで、橋を守りきるぞ」

 

敵が橋を渡ろうと進軍してきた。

やはり、重戦車が列をなしてやってくる、その数は5両・・・恐らく、後ろにも他の戦車がいるはずだ・・・

私は左の柱、TOG ll*は右の柱に張り付き、敵を待ち構えた。

先陣を切って表れたのはKV1Sだ、私は彼に向かって撃った。

凄まじい威力でKV1Sは一発で瀕死になったが、倒しきれなかった。

リロードの隙を突き、敵がなだれ込んできた。

 

そこへTOG ll*が砲撃を加えた。

まずはKV1Sにとどめを刺し、その後ろにいるISへ二発撃ちこんだ。

ISは私だけに集中しているようだ、TOG ll*の攻撃に怯むことなく、橋を渡ってきた。

ISの側面にTOG ll*の弾が撃ちこまれ、ISは燃えた。

ISは私に弾を撃ちこんだものの、砲塔の中央に当たったようだ、見事弾き返した。

そして、TOG ll*の弾幕により、ISは鉄くずへと姿を変えた。

 

敵の追撃はまだまだ止まらない、次に現れたのはPantherとARL 44だ。

私はARL 44の側面に一発入れたが、倒しきれず、反撃を食らってしまった。

TOG ll*はARL 44にとどめを刺し、Pantherと撃ちあいを始めた。

リロード中、私は何もできないままだ・・・壮絶な撃ちあいの中、私はただ指をくわえて見ているしかなかった。

 

互いに瀕死になったころ、ようやくリロードは終わる。

私はPantherに撃ちこみ、彼を沈黙させた。

その時、あろうことか瀕死のTOG ll*は進撃を始めた。

当然、その先には敵が待ち構えている・・・

 

TOG ll*はついに撃破されてしまった・・・

だが、彼はただで撃破されたわけではなかった。

 

橋を塞ぐように長い胴体が横たわっている。

しかも、敵の残骸も橋の上にあり、この橋を渡るには敵の残骸とTOG ll*をいっぺんに押してこなければならない。

当然、そんなことは不可能だ。

TOG ll*自体がかなりの重量なのだが、さらに重戦車が追加されれば、束になっても押すことは無理だ。

さらに、TOG ll*の車体が私にとっていい感じの盾になってくれた。

おかげで柔らかい車体を晒さず、先ほどISの主砲を弾いた砲塔のみを晒して撃つことができる。

 

私も進撃できないのが残念なところだったが、KV-2一両ではすぐにやられるのがオチだ。

それに、西を突破した味方が山を迂回して援護に来てくれたため、こちらから向かう理由は無くなった。

破壊されてもなお役に立てる戦車があるとはな・・・天晴な戦車だった。


TOG ll*・・・皆が弱いと言う戦車、経験値の塊と揶揄される戦車、勝率が最も低いと言われた戦車

だが、今回のように活躍もしてくれる戦車だ。

 

確かに欠点は多い戦車だが、うまく乗りこなすことができれば最強にだってなれる。

絶対的に弱いなんて言うことはないのだ。

それに、弱い弱いと言われているということは、こちらを舐めてくれているということだ。

慢心は油断を生む・・・これはこちらにとって有利に働くのではないだろうか?

 

さて、最後にTOG ll*の最大の特徴を挙げたいと思う。

それは、とてもよく知られている戦車だということだ。

 

よく知られているということは、よく研究されているということだ。

人気車両に乗っていても勝てないのは、人気だからこそ弱点を調べられ、対策を練られているからだ。

また、人気車両だからこそ、狙われる優先度も高い。

 

TOG ll*に乗るということは、その圧倒的な存在感というハンデを背負わなくてはならないということだ。

決して初心者のための戦車とは言えない。

だが、マンネリ化した戦闘に飽きてきた上級者は、この戦車でいつ狙われるかわからないスリルを味わうのはどうだろうか。






1 user(s) are reading this topic

0 members, 1 guests, 0 anonymous users