Jump to content


Premium Tank "E-25" レビューコンテスト開催


  • This topic is locked This topic is locked
5 replies to this topic

March_JP #1 Posted 26 May 2014 - 02:48 PM

    Sergeant

  • Member
  • 2749 battles
  • 161
  • Member since:
    11-07-2012

期間:
イベント開始:日本時間 2014年5月 30日(金) 15:00
イベント終了:日本時間 2014年6月  6日(金) 15:00

※イベント期間は日本時間となります。

 

戦車長!!

 

プレミアム車両をあなたのガレージに追加する時、正しいタンクの知識を見つけるのが困難な場合があります。

プレミアムタンクレビューシリーズでは、私達はタンクの特色について司令官の個人的な意見をいただきたいです。

最終的な決断をする際、他のプレイヤーレビューがあなたを助けてくれるでしょう。 

 

今回は"E-25"について、あなたの素晴らしいレビューを望みます。

 

1. 次の項目について、あなたの最高のレビューを投稿してください。
   ・良いところ(長所)
   ・悪いところ(短所)
   ・推奨する機器
   ・推奨する乗組員のスキル
   ・ゲームプレイのヒント

2. レビューには画像(自分が車両に乗り大活躍するシーン等!)を添えることを推奨致します。

3. 1人1回の投稿となります。


   ピックアップされた3作品には褒賞として1,000 Gをプレゼント!

 

褒賞:
優秀賞3名 1,000 G

 


ryu_tatsu #2 Posted 30 May 2014 - 08:17 PM

    Private

  • Member
  • 7754 battles
  • 2
  • [HGH] HGH
  • Member since:
    03-08-2014

E25についてのレビュー

 

長所。

まずはじめに、プレミアム車両なのでその恩恵として、クレジットボーナスなど色々な優遇が付く。マッチングとしては、ひとつ上のティア8までしかマッチせず、戦いやすい環境になることが多い。WoTに存在する多くの車両の中でもトップクラスの隠蔽率をもち、陣地転換や味方支援を行うための速力もあるため、不意を付いた戦略が可能。また、主砲で搭載している7,5 cm StuK 42 L/70はリロードがとても短く、当てる場所さえ気をつければ貫通可能。車体の小ささもあいまって大胆な飛び出しも出来る。

 

短所。

装甲がとても薄い。一番厚いところで50mm(正面)しかなく、側面に限っては30mmしかない。また、主砲はリロードと標準速度がとても優れていることの裏返しか、貫通力が乏しい面がある。それに加え、砲塔固定というTDとして標準の弱点もあるため裏に回られるとあっというまに溶けることも注意。

 

推奨する拡張パーツについて

カモフラージュネットはかならず積み、双眼鏡も積むとなおよしだろう。もうひとつは好みにもよるが、換気扇で全体の能力アップや内張り装甲で多少生存率を上げるなどがいいだろう。

 

推奨する搭乗員スキルについて

車長は第六感をかならずとること。見つかったかどうかを判断できるのは戦場で活躍することへの大きな意味を持ちます。

車長以外の搭乗員については全員カモフラージュが妥当ですが、機動力を生かして前へ出ることも少なくないので他にも選択肢は生まれます。

砲手は射撃の名手で相手への負担を重くするのもありですが、履帯切れなど修理キットがない場面では”修理”をつけておくのも手かもしれません。

操縦手はオフロード走行で機動性を上げるか、”修理”で履帯の修理を早くするのも選択肢には入るだろう。

装填手は基本的には上記のカモフラージュでいいと思われる。特殊な戦術としてがけから飛び降り、HPを調整して茂みに隠れ、アドレナリンラッシュをとることによって超絶的にリロードを早くする方法もあるが、見たことがないのと、オススメできない。

 

戦場での立ち回りについて。

駆逐戦車の大前提として、孤立しない。正面から戦わない。最前線にでない。がありますが、この車両に対してだけは3つめは保留となるかもしれません。理由としては、低い車高、高い機動力を持っているため、軽戦車のような偵察もこなすことが出来る上敵の裏をとりに行き、背後から速いリロードで一方的に撃つなど特殊なことが出来るからです。

また、俯角がない戦車を相手にするときは最後の手段として敵の車体に張り付いてインファイト状態で戦うことも出来る。この場合、敵の主砲が車体の上に飛び出て相手からはこちらを打てない状況にすることが出来る。

車高が低いこの車両ならではの戦術だ。

参考画像:E25VSPantherⅡ   協力者:通りすがりのクラン員

 

 

そして高い機動力を生かし、キャプ合戦になったときに自陣まで戻り、リセットをすることもできる。

使い方によっては絶望的な状況から勝つことができる大変面白い戦車であることをここに記す。よければこの戦車を買って戦場をかき乱してみてはいかがだろうか!



yosuk #3 Posted 31 May 2014 - 12:47 AM

    Corporal

  • Member
  • 6522 battles
  • 11
  • Member since:
    07-10-2013

Premium Tank "E-25"

 E-25はTier7ドイツ課金駆逐戦車です。現在6700Gで販売されています。

 ドイツは戦車の生産コストを抑えようと既存車両の改装や再利用を繰り返した結果、非常に多くの種類の戦車が生まれてしまいました。

 工場ではできるだけ同じ種類の物を製造したほうがコスト的にも生産効率的にも良いです。

 言い換えれば、ドイツではあまりにもいろんな車種があったせいで、生産が非効率になってしまったのです。

 そこで似ている性能の戦車を同一化する計画、E計画が生まれました。

 E-25はそのE計画における駆逐戦車として計画されたものです。

 実際にはE計画は完全な計画倒れにおわり、E-25はモックアップ(実物大木製模型)が作られただけに終わっています。

 

 

砲性能

  発射速度(発/分) 貫通(mm) ダメージ(НР) DPM 精度(m) 照準時間(s) 総弾数
7,5 cm StuK 42 L/70 20 150/194/38 135/135/175 2,700 0.3 1.5 60

 E-25貫通と単発火力は抑えめではあります。

 しかし高い精度と素早い照準時間、そして凄まじい手数の多さを誇ります

 低い貫通は精度と照準時間と金弾、それと後述の機動力と隠蔽率で十分補えますし、単発火力が低いとはいえ手数の多さは敵には強大な脅威となりえます。装填棒で強化をしてもいいでしょう。

 あまりにも手数が多いので、弾切れと金弾の使用による弾代には一応注意しておいてください。

 攻撃の強化を考えて射撃の名手の取得は候補に挙がるでしょう。

 

機動力

 ゴキブリのごとく素早い

 エンジン出力は700とかなり高く、実用出力重量比(hp/t)は26.62あるので、走りだしてすぐに最高速度の65km/hに達する

 旋回速度も44と早く、高機動戦車にも対応力がある。

 平べったい小さな車体と-8°/+15°とれる仰俯角の優秀さもあって、狙われても被弾率が低い

 貫通の低さを補う側面どりも積極的に狙えます。

 移動力の強化を考えオフロード走行をとるのもアリでしょう。

 

隠蔽率

 メチャクチャ隠蔽率がスゴイ

 マッチング優遇によってTier8までしかマッチングされないので、E-25が出くわす戦車での最大の視界範囲は400mです。

 そこでE-25のベストの状態(迷彩ネット、迷彩塗装、カモスキル、換気装置、戦友、チョコレート、最大の茂みで隠蔽率を最大まで高めた状態)だと400m視界にはどの時点で見つかるのかをWOTINFOで見てみると、

静止時 48.74m
移動時 145.17m
発砲時 163.16m

 50m以内なら視界関係なく車両が発見できるゲームシステムを利用しなくては、静止時のE-25は発見できないという結果がでました。

 これほどの好条件を揃えるのは難しいですが、隠蔽率がいかにスゴイかはわかっていただけたかと思います。

 しかもアップデートで多くの駆逐戦車が砲撃後の隠蔽率がnerfされるなか、プレミア戦車はその弱体化を免除されています。相対的にE-25のbuffであるといえます。

 隠蔽率を活かしたプレイのための第六感は最優先で取得すべきです。それと前述した迷彩ネット、迷彩塗装、カモスキル、換気装置、戦友もオススメです。

 

装甲

 装甲は非常に薄い

 全面的に傾斜装甲とはいえ50/30/30の車体装甲厚では格下からの榴弾ですらドンドン貫通する。

 基本的にどこを撃たれても貫通するので、見つからない立ち回りを心がけましょう。

 

その他

 360mとまあまあ視界範囲があるので、足の早さと隠蔽率をいかして軽戦車のように観測ダメージも稼げますし、自分の視界で狙撃して敵を倒したりと、できることの幅が広いです。

 双眼鏡の装備を強くオススメします。レンズ皮膜はお好みでどうぞ。

 偵察や状況判断力のスキルをとるのも選択肢の一つです。(車長と無線手は兼任です。)

 無線が710mあるのも偵察のやりやすさに貢献しています。

 乗員数は4名です。乗員育成を考えるとマイナス点かと思います。

 

総括

 素早い足と高隠蔽と素晴らしい発射レートをもつ大変強力な車両です。

 しかし見つからない場所で一方的にドンドン敵を削ってゆく運用が基本になるので、茂みや起伏などmapの特性を把握できていなければ活躍は難しいです。

 また抑えめの貫通力から、敵戦車の装甲の弱点の把握や位置取りの工夫も求められます。

 つまり誰が使っても強い戦車というより、運用方法を理解しているプレイヤーが使うととんでもないことになる車両かと思います。 


Edited by yosuk, 06 June 2014 - 10:40 AM.


senpuji83 #4 Posted 31 May 2014 - 08:04 PM

    Corporal

  • Member
  • 25613 battles
  • 10
  • [MAY2] MAY2
  • Member since:
    04-28-2013

たまたまちょっと前に、E-25の動画を作っていたので、レビューにもなるんじゃないかと思い投稿しました。

かわいく動き回れる、楽しい戦車です!!

 

画像の劣化や、プレイ内容自体は、恥ずかしい感じになっていますが、ご了承を><



spirit_of_panzer #5 Posted 03 June 2014 - 05:01 AM

    Sergeant

  • Member
  • 15149 battles
  • 170
  • Member since:
    10-22-2013

 

     Premium Tank "E-25"    

 

良いところ(長所)

全車両中最大の隠蔽率(静止状態)

小さな車体

優れた機動力   最高速度(前/後)(km/h)65/20 実用出力重量比(hp/t)26.62 車体旋回速度 44°/s

高いDPM      2700

短い照準時間    1.5s

良好な精度      0.3m

悪くない俯角     8°

広い無線範囲    710m

マッチング優遇あり tier8までとしかあたらない

 

悪いところ(短所)

薄い装甲       車体装甲厚(mm)50/30/30

低い貫通力     AP/APCR/HE 150/194/38 

総弾数が少ない     60発

 

推奨する機器

迷彩ネット

双眼鏡

改良型換気装置

 

推奨する乗組員のスキル

第六感

カモフラージュ

 

ゲームプレイのヒント

課金弾を20発程度積む

迷彩をしておく

茂みに隠れ敵を側面から狙う

車高が低いので張り付くと一方的に攻撃できる

軽いので張り付くときに体当たりしないように

 


Edited by spirit_of_panzer, 06 June 2014 - 11:12 AM.


Akazome #6 Posted 04 June 2014 - 11:03 PM

    Private

  • Member
  • 8396 battles
  • 1
  • Member since:
    07-08-2013

さて今回E-25をレビューしていく訳であるが、この戦車に渾名をつけるのであればゲルマンNINJAであろう。

特筆すべきはその隠蔽率にある。全ての国家 車両においてトップクラスの隠蔽率は静止し草むらにり隠れるだけで忍者と化す。

更にこの車両、戦場で見かけた戦車兵の諸君はご存知かと思うがとても小さい凄く小さい。tier4のドイツ駆逐ヘッツァーよりも小さいのだ。それも相まって、本当に発見されにくいこの車両。

更に更に機動力も申し分ないのだ。前進速度約60kmに後退速度は約20km。最高速度に乗り切るまで、平地であれば4~6秒程であろう。旋回速度も早い。戦局を見極め、移動も容易であり仮に発見された場合でも

颯爽とマップを駆け抜けて行く事が出来る。上記の通り車体がとても小さいので敵からすれば当てずらい事この上ない。そして気づいたら無線から消え去っているのだ、まさに忍者。

 

さて砲性能はどうなのか。基本的なスペックはtier5にいるStugⅢGの最終砲とほぼ同じである。

え・・?と思った戦車兵諸君。筆者の言葉が足らなかった事を詫びよう。貫通力150mm 攻撃力135は確かに変わらない。しかし精度 照準時間は順当に強化されている。

それでも、火力も貫通力もtier7の本車には心許ない。だがそんな事は些細な問題であり、装填時間これが凄まじい事になっている。

スキルやパーツで多少の誤差はあるが大体2.7~3.2秒に一回撃てる。日本刀で切り付けたような一撃のダメージはないが、ジワジワと嬲り倒すも一興である。

課金弾を常に戦場へもって行く事を強く推奨する。

 

さてこの機動力と手数と引き換えに失ったものもある。

装甲。とにかく薄い。一応前面は傾斜がついているので本当に稀に弾いたりする事があるが被弾=貫通と考えるべきである。身軽な忍者は打たれ弱い。

そして被弾して装填手や弾薬庫、操縦手やエンジンが負傷或いは破損すると一気に車両の強みが消えてしまう。

身軽な分、弾数が少ないのもネックである。上記の通り凄まじく早い装填時間にいい気になり弾を撒き散らしているとあっという間に弾がなくなってしまう。

中盤~終盤生き残っているのはいいものの弾がない!なんて事も発生してしまう。

 

添乗員とパーツだがこの車両に至っては選択肢はほぼ決まっているだろう。

拡張パーツは迷彩ネット 双眼鏡は確実に装着すべきであろう。折角の特長を活かさない手はない。

あと一つが悩ましいとこではあるが、元々の装填時間的に効果は薄いが装填棒で短くするもよし換気扇で全体的な底上げをしてもよしである。

添乗員だが筆者の独断と偏見にはなるが

車長が第六感 他の添乗員はカモフラージュで良いだろう。本車両はバランス型でなく尖った性能の車両である故、その特化した部分を伸ばしてこそ活きる物だと考えている。

 

この車両は大きくわけて二つの戦い方がある。

1つは手数を活かし、戦局を見極めながら後方支援。もう一つは忍者となり偵察に務める。

 

どれだけいやらしいく立ち回れるかがカギとなる。自分がされて嫌な状況を作り出す戦車である。敵から「fxxk!!!」とでも言われたらそれは褒め言葉だ。

敵と正々堂々戦闘する必要は無いのだ。敵の装甲を貫通できなければ履帯を壊せばいい。回り込んで側面を取ればいい。味方の目になればいい。
終盤戦に生き延びていたなら、身を潜めながら敵を一両ずつお陀仏にすればいい。(きっと敵の車両は戦闘でHPも減ってる筈だ!)

苦手な市街戦でも敵が少なければ颯爽と駆け付けて敵の注意を引くだけでも良い。敵にプレッシャーを与えるだけで数字には残らないがそれも立派な勝利の貢献になる。

 

ゲームシステム、マップ知識 敵戦車の装甲厚や弱点を熟知してこそ活きる本車はプレイヤーの腕が非常に試される車両である。

と同時に、乗りこなせれば病みつきになる事間違いなしの車両であると太鼓判を押す。

 

この車両はマッチングに優遇がありtier8までしかあたらない(ソロプレイ時)

個人的にはマッチング優遇を廃止してtier9戦場に放り込まれて忍者プレイがしたいのは個人的意見である。

 

 

最後に・・・。 もしあなたがE25に乗っていてもし敵のtigerⅠが平地のど真ん中にいたら。どこでもいいから車両を密着させてみよう。あとは射撃キーを押し続けるだけ。

tigerⅠ以外でも可能な車両はあるがそれは秘密だ。


Edited by Akazome, 04 June 2014 - 11:32 PM.





1 user(s) are reading this topic

0 members, 0 guests, 0 anonymous users