Jump to content


WGL APAC-Asia S3 第5週 まとめ


  • Please log in to reply
No replies to this topic

WGNews #1 Posted 22 January 2015 - 10:47 AM

    Major

  • Administrator
  • 0 battles
  • 5,178
  • Member since:
    03-14-2012

  

戦車長の皆さん!

 

トーナメント5週目の試合は小人vs巨人という車両編成が行われたにも関わらず、目を見張るような素晴らしいバトルが繰り広げられました。試合を見逃してしまったあなたはこちらのレポートをご覧ください!

 

トーナメントレポートやビデオリプレイは本記事の下部に用意しました。是非ご一読ください。

 

Roll out !


 

2015年1月6日

マッチ 1: PVP Super Friends vs PhoeniX

マッチ 1: PVP Super Friends vs PhoeniX

今回の戦いの舞台は今までの試合ではなかなか見られなかったムロヴァンカ。PVP側の防衛で開始されます。PhoeniXは北西の進軍中、PVPのBatmanを迎撃することに成功します。PVPと比べ、PhoeniXはより重量級の車両を用いた編成で臨みました。しかしPVPは怯むことなく、試合に勝利します。

 

二戦目で PhoeniXは引き続き前回と同じ車両編成で試合に臨みます。前回とは違う侵攻ルートを選んだ彼らはうまくPVPの防御を掻い潜り、占領勝利をおさめます。攻守交代後、PVPは占領を狙うのではなく、相手チームに総攻撃を仕掛けることのできる位置までおびき出すことでPhoeniXを圧倒します。 ムロヴァンカでの最終戦はほぼ互角の試合運びが行われますが、攻撃をかわす中PhoeniX側の優勢に試合が運ばれます。このピンチに際し、PVPは即座に陣地の占領を開始。なんと一両も失うことなく、見事占領を成功させます。

 

スコアは3対1で迎えた第二マップは大草原地帯となりました。PhoeniX側の攻撃では、相手の迎撃をもくろんで占領を開始します。防御を打ち破ろうと突っ込んできたPVPはまともに反撃をうけ、撃破されてしまいます。PVP側の攻撃二戦目ではPhoeniXと途中までほぼ互角の試合を繰り広げますが、占領完了間際でリセットされてしまいます。両者一歩も引かぬ鍔迫り合いが続きますが、PVPは見事試合時間アップまで耐えきることができました。

 

大草原地帯での第3戦ではPVPによる奇襲作戦が炸裂。突然の占領にPhoeniXは戸惑い、カットを失敗。今回の試合はPVPに軍配が上がりました。

マッチ 1 勝者

PVP Super Friends 5 : 2 PhoeniX

 

マッチ 2: Team Efficiency vs Horseman

マッチ 2: Team Efficiency vs Horseman

この試合は誰もがあっと驚いた試合でした。1戦目、Horsemanは東の丘に駆逐戦車を走らせ、Team EfficiencyのIS-3の厚い防御を打ち抜きます。この時後者チームは西側に防御を展開していたためもあり、IS-3が倒れた時点から次々と打ち崩されていきました。その隙を見逃さなかったHorsemanは戦線を突破し、勝利を手にします。

 

2戦目、Team Efficiencyは先ほどの作戦に対し、東の丘に戦力の半分を裂きました。Horsemanは両側からのラッシュを仕掛け、相手の動きを封じます。その勢いに乗りつつ、敵を完封することに成功しました。その次の試合では、Team Efficiencyは8ラインからのラッシュを決行。一両のIS-3の不意を突き、撃破に成功します。Horsemanはラッシュの対応が遅れ、T-Eに勝利を奪われます。

 

4戦目、Horsemanにも幸運が回ってきます。3ラインからの攻撃を試みたT-Eを待ち受けていたのはHorsemanの奇襲部隊でした。ほとんど犠牲を出さず、試合を3対1まで持ち込みます。第二マップに選ばれたステージは大草原地帯。開始間もなく、一戦目はTeam Efficiencyによる作戦勝ちに終わります。

 

2戦目開始当初はほぼ互角の試合が行われますが、一瞬のうちにTeam Efficiencyの優勢に転じます。Horsemanは占領を試みますが、これも失敗。そのまま撃破され試合に王手をかけます。4戦目も両者一歩も引かない接戦が繰り広げられますが、最後まで立っていたのはTeam Efficiencyとなりました。

マッチ 2 勝者

Team Efficiency 5 : 3 Horseman


 

2015年1月8日

マッチ 1: Charlotte Tiger vs The Coalition: Singapore

リプレイなし

マッチ 1: Charlotte Tiger vs The Coalition: Singapore

試合開始時間までCoalition: Singaporeのメンバーがそろわなかったため、本戦はCharlotte Tigerの不戦勝となりました。

マッチ 1 勝者

Charlotte Tiger VS The Coalition - Singapore

 

マッチ 2: ELONG vs Front Mission

マッチ 2: ELONG vs Front Mission

今回初めて対戦することとなるこの2チーム、試合が始まる前から観客はこの試合の行方を固唾を呑んで見守っていました。

第一マップはムロヴァンカ。ELONGはおなじみの軽戦車中心のラインアップを取り入れた防御陣を敷きます。試合開始後4分間、Front Missionは相手の位置に探りを入れ、同時に第二占領地点に車両を一つ潜り込ませました。これを受け、ELONGは落ち着いた対応を見せ、奇襲を見事回避します。その後行われた撃ちあいではELONG優勢で進み、敵を圧倒する形で終わりました。

 

2戦目では両チームとも同じ車両編成を採用しました。Front Missionは二方向それぞれ同時に攻撃を仕掛けますが、二分したために攻撃の勢いが弱ったところをELONGのカウンターに狙われます。攻撃には失敗したものの、ELONGの戦力を大幅に削り、焦りをみせることに成功しました。Front Missionの防衛で始まった三戦目、ELONGはマップ南東の占領地点を攻めますが、既に万全の態勢で待ち構えていたFront Missionに手痛い反撃を受け、撃破されてしまいました。

 

このマップの最終戦、ELONGはまず第二占領地点に攻め入ります。Front Missionの偵察車両を撃破した後、大回りをして第一占領地点まで攻め入ります。道中、ELONGはまだ奇襲の準備途中だったFront Missionの部隊と遭遇。すぐさま迎撃を開始し、反撃を食らう前に敵を完封しました。

 

第二マップの名前はルインベルク。Front Mission側の防衛で開始されます。マップ東部の防御を固めたELONGに一斉攻撃を仕掛けるFront Missionですが、既に固まった防御を打ち崩すことはできず、完封されてしまいました。

 

Front Mission防衛の第二戦ではまたも両チームとも同じ車両編成を採用しました。試合開始当初、ELONG相手の撃ちあいに互角以上の活躍を見せ、Front Missionが優勢に試合を運ぶかのように思えましたが、ELONGは全力を尽くして戦線を転覆させ、勝利を確実なものとしました。

マッチ 2 勝者

ELONG 5 : 1 Front Mission

 

 
ポータルニュースはこちら

 






1 user(s) are reading this topic

0 members, 1 guests, 0 anonymous users