Jump to content


公開テスト 9.8


  • Please log in to reply
No replies to this topic

WGNews #1 Posted 11 May 2015 - 05:06 PM

    Major

  • Administrator
  • 0 battles
  • 5,178
  • Member since:
    03-14-2012

 

戦車長の皆さん

 

公開テスト 9.8 が開始しました。公開テストクライアントをダウンロードして、アップデートの変更点をチェックしましょう!

また、ゲームをより良くしていくため、 9.8 Common Test Bug Reports サブフォーラム に皆さんのフィードバックをお寄せいただけると幸いでございます。

 

公開テスト 9.8 #1 は現在 オンライン です。

参加するには以下の手順に従ってください:

 

1. ポータルニュース よりインストーラーをダウンロードして実行してください。すでに以前の公開テスト 9.7 をインストールしている方はラウンチャーを起動すると公開テスト 9.8 #1 にアップデートされます。
2. ラウンチャーを起動し、ゲームをアップデートしてください。

 

※公開テストのクライアントは通常のゲームクライアントとは 別のフォルダ にインストールしてください!また、アップデートをインストールする前にゲームクライアントを終了させてください。

注意!日本時間 2015年05月04日(月) 以前に登録したプレイヤーのみがテストに参加できます。

 

以下の日程で定期的にサーバーは再起動されます:

 ・ 1 回目: 毎日 日本時間 13:00。おおよその時間: ~25分
 ・ 2 回目: 毎日 日本時間 14:00。おおよその時間: ~25分
 ・ 3 回目: 毎日 日本時間 18:00。おおよその時間: ~2分
公開テストサーバーには以下の特徴があります:

 ・ 公開テストサーバーでは決済を行うことはできません。
 ・ 全てのアカウントには以下が付与されます:
  ・ 100,000,000 フリー経験値
  ・ 100,000,000 クレジット
  ・ 20,000 ゴールド

 ・ 公開テストサーバーの結果は、メインのASIAサーバーには反映されません。
 ・ 今回のテストではクレジットや経験値の取得量は増加しません

 

テストサーバーであっても通常の World of Tanks のEULAや一般的な規定の対象となるので、ご注意ください。
制限や処罰は通常の World of Tanks のものと同じです。

 

公開テスト 9.8 に関連した不具合はこちらに用意した  9.8 Common Test Bug Reports サブフォーラム に投稿してください。


 

予備パッチノート

公開テストサーバー9.8 に実装される新機能は以下の通りです。

※この変更点は公開テスト前に公開できる変更点であり、全ての変更箇所を記載したものではありません。全ての変更点を含めたパッチノートはアップデート 9.8 実装時に公開されます。

 

公開テスト 9.8 #1 のアップデート 9.7 からの変更点
重要:

 ・ 新ゲームモードのテストを追加
 ・ 一部パーソナルミッションを調整、条件を修正。ミッションの合計を 36 に変更
 ・ 拠点レベル V-VII で Tier VIII 車輌での拠点戦を追加
 ・ 戦闘中に小隊を作成、招待・参加する機能を追加
 ・ インストーラー及びラウンチャーで SD・HD バージョンのクライント選択を追加、SD クライアントは低画質テクスチャの利用によりディスク容量を節約
 ・ パーソナルリザーブを追加、パーソナルリザーブは有効化することでクレジット、フリー経験値、搭乗員経験値、通常経験値などにボーナスを与える、パーソナルリザーブには制限時間があり、特定のミッションをクリアすることで獲得可能

 

車輌:

 ・ Supertest プレイヤーに以下の車輌を追加:
   ・ Kanonenjagdpanzer、Tier VIII ドイツ駆逐戦車
   ・ Tiger I、Tier VI 日本重戦車
   ・ IS-3 autoloader、Tier VIII ソ連重戦車
   ・ BT-7A、Tier III ソ連軽戦車
   ・ 121B、Tier X 中国中戦車
   ・ 59-Patton、Tier VIII 中国中戦車

 ・ T-54 mod. 1 Tier VIII 祖伝プレミアム中戦車をゲーム内ストアに移動

 ・ 次の車輌を HD モデルに変更: Wolverine、Type T-34、Leopard 1、Hummel、M4A3E2 Sherman Jumbo、M48A1    ・ Patton、Type58、SU-85、Cromwell、T26E4 SuperPershing、T32, Pershing、IS-3、AMX 50 120.
 ・ 小口径機関砲及び機関銃の最大射程を 400m に設定
 ・ 次の車輌の特性を上方修正: 
   ・ А-20、BT-7、KV-13、IS-8、IS-7
   ・ Durchbruchswagen 2、Pz.Kpfw. I、Pz.Sfl. IVc, Nashorn, Sturer Emil, VK 30.02 (D)
   ・ Churchill Gun Carrier、Vickers Medium Mk. III、Vickers Medium Mk. II
   ・ M2 Medium Tank、T28 Prototype、T30
   ・ D1、B1、ARL V39、AMX 13 75
 ・ 次の車輌の特性を下方修正: Conqueror Gun Carriage、AT 7
 ・ T95 駆逐戦車のサムネイルを修正

 

マップ及びオブジェクト:

 ・ 下記のマップに関するゲームプレイ要素を複数修正:ジークフリート・ライン、カレリア、砂の川、飛行場
 ・ ランダム戦モードからマップ「コマリン」を除外
 ・ ゲームクライアントからマップ「ノースウェスト」に関するリソースを削除
 ・ マップ「隠れ里」の戦闘 Tier を低下
 ・ テストモード用に新マップを追加
 ・ 下記のマップで表示される特殊効果を改良:湖の村、エーレンベルク、ジークフリート・ライン
 ・ 一部環境モデルの破壊エフェクトを変更

 

その他:

 ・ プレミアムアカウント購入にパーソナルディスカウントを追加
 ・ 戦闘パフォーマンスバッジを戦闘インターフェイスに追加、戦闘中特定のアクションを行うことで付与 (設定で無効化可能)
 ・ プレイヤーの車輌で次に研究や購入できるモジュールに関する通知を追加
 ・ 戦闘ローディング画面の改良
 ・ 小隊、中隊、チームなどへの招待インターフェイスの改良
 ・ 各国の女性搭乗員の名前を増加
 ・ 車輌の徽章にオムスクの紋章を追加
 ・ 搭乗員詳細の「次の成長までに必要な経験値」の計算・表示を修正
 ・ チームバトルモードの新機能の問題を修正
 ・ 拠点モードの一部ゲームプレイ及びインターフェイス問題を修正
 ・ 自走砲モードで照準が揺れる問題を修正
 ・ 一部 PC の設定により戦闘チャットがボールドで表示される問題を修正
 ・ 一部マイナーなインターフェイス問題を修正
 ・ 一部ゲームクライアントのフリーズ、クラッシュを修正

 

車輌の詳細な変更点:

フランス車輌の性能変更点:

 ・ ARL V39:
   ・ ARL V39 サスペンションの走行中の散布界縮小: 8%
   ・ ARL V39 bis サスペンションの旋回中の散布界縮小: 8%
   ・ ARL V39 砲塔の 90 mm AC DCA 45 の照準時間減少: 2.9 s から 2.6 s
105 mm AC mle. 1930 S の砲塔旋回中の散布界縮小: 12%
 ・ AMX 13 75:
   ・ AMX 13 Type 1R サスペンションの走行中の散布界縮小: 9%
   ・ AMX 13 Type 1R サスペンションの地面(硬地)での走破性向上: 11%
   ・ AMX 13 Type 1R サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 10%
   ・ AMX 13 Type 2A サスペンションの旋回中の散布界縮小: 9%
   ・ AMX 13 Type 2A サスペンションの地面(硬地)での走破性向上: 12%
   ・ AMX 13 Type 2A サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 11%
   ・ 75 mm SA50の砲塔旋回中の散布界縮小:11%
 ・ D1:
   ・ D1 サスペンションの地面(硬地)での走破性向上: 17%
   ・ D1 サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 21%
   ・ D1 サスペンションの地面(軟地)での走破性向上: 15%
   ・ D1 サスペンションの走行中の散布界縮小: 3%
   ・ D1 bis サスペンションの地面(硬地)での走破性向上: 9%
   ・ D1 bis サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 23%
   ・ D1 bis サスペンションの地面(軟地)での走破性向上: 17%
 ・ B1:
   ・ B1 サスペンションの走行中の散布界縮小: 8%
   ・ DB1 サスペンションの旋回中の散布界縮小: 9%
   ・ 耐久値向上 116 から 126 HP
 

ドイツ車輌の性能変更点:

 ・ Pz. Sfl. IVc:
   ・ Pz.Sfl. IVc サスペンションの走行中の散布界縮小: 7%
   ・ Pz.Sfl. IVc サスペンションの旋回中の散布界縮小: 8%
   ・ Pz.Sfl. IVc Flak 41 砲塔の 8,8 cm Flak 41 L/74 の照準時間減少: 2.3 s から 2.1 s
 ・ Durchbruchswagen 2:
   ・ D.W. サスペンションの走行中の散布界縮小: 17%
   ・ D.W. 2 サスペンションの旋回中の散布界縮小: 18%
   ・ 5 cm Kw.K. 39 L/60  の散布界縮小: 0.4 m から 0.39 m
   ・ D.W.-Versuchsturm 砲塔の耐久値向上: 380 から 390 HP
   ・ VK 30.01 (H) 0-Serie 砲塔の耐久値向上: 420 から 440 HP
 ・ Pz.Kpfw. I:
   ・ Pz.Kpfw. I Ausf. A サスペンションの走行中の散布界縮小: 6%
   ・ Pz.Kpfw. I Ausf. B サスペンションの移動中の散布界縮小: 10%
 ・ Nashorn:
   ・ Nashorn サスペンションの走行中の散布界縮小: 8%
   ・ Nashorn verstarkteketten サスペンションの旋回中の散布界縮小: 8%
   ・ 8,8 cm Pak 43 L/71 の砲塔旋回中の散布界縮小: 20%
 ・ Sturer Emil:
   ・ Schwere Betonknacker サスペンションの旋回速度向上: 30 から 32
   ・ Schwere Betonknacker サスペンションの地面(硬地)での走破性向上: 8%
   ・ Schwere Betonknacker サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 14%
   ・ Schwere Betonknacker サスペンションの地面(軟地)での走破性向上: 8%
   ・ Pz.Sfl. fur 12.8 cm K. 40 サスペンションの旋回速度増加: 34 to 36
   ・ Pz.Sfl. fur 12.8 cm K. 40 サスペンションの地面(硬地)での走破性向上: 9%
   ・ Pz.Sfl. fur 12.8 cm K. 40 サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 15%
   ・ Pz.Sfl. fur 12.8 cm K. 40 サスペンションの地面(軟地)での走破性向上: 9%
   ・ Pz.Sfl. V の 10,5 cm Kanone 18 の装填時間減少: 8 s から 7.8 s
   ・ Pz.Sfl. V 砲塔の旋回速度向上: 26 deg/s から 28 deg/s
 ・ VK 30.02 (D):
   ・ VK 30.02 (D)  サスペンションの走行中の散布界縮小: 9%
   ・ VK 30.02 (D) サスペンションの旋回中の散布界縮小: 5%
   ・ 10,5 cm Kw.K. L/28 の砲塔旋回中の散布界縮小: 2%
   ・ 8,8 cm Kw.K. 36 L/56 の砲塔旋回中の散布界縮小: 12%
   ・ VK 30.02 (D) Schmalturm 砲塔の旋回速度向上: 24 deg/s から 30 deg/s

 

イギリス車輌の性能変更点:

 ・ Conqueror Gun Carriage:
   ・ Turret_1_GB31_Conqueror_Gun の B.L. 9.2-in. Howitzer Mk. II の照準時間増加: 8.5 s から 8.8s
   ・ B.L. 9.2-in. Howitzer Mk. II の散布界増加\: 1.1 m から 1.2 m
 ・ AT 7:
   ・ AT 7 の OQF 20-pdr AT の照準時間増加: 2.1 s から 2.3 s
   ・ AT 7 の OQF 20-pdr AT Gun Type A Barrel の装填時間増加: 5.8 s から 6.2 s
 ・ Churchill Gun Carrier:
   ・ Churchill Gun Carrier サスペンションの旋回速度向上: 22 から 24.
   ・ Churchill Gun Carrier Mk. II サスペンションの旋回速度向上: 24 から 28.
   ・ Churchill Gun Carrier 砲塔の QF 3.7-inch AT の照準時間減少: 2.3 s から 2 s
   ・ Churchill Gun Carrier 砲塔の OQF 32-pdrの照準時間減少: 2.9 s から 2.1 s
 ・ Vickers Medium Mk. III:
   ・ Vickers Medium А6Е1 サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 8%
   ・ Vickers Medium А6Е3 サスペンションの走行中の散布界縮小: 5%
   ・ Vickers Medium А6Е3 サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 9%
   ・ Vickers Medium А6Е3 サスペンションの地面(軟地)での走破性向上: 5%
 ・ Vickers Medium Mk. II:
   ・ Vickers Medium Mk. II サスペンションの走行中の散布界縮小: 6%
   ・ Vickers Medium Mk. IIA サスペンションの旋回中の散布界縮小: 9%

 

アメリカ車輌の性能変更点:

 ・ T28 Prototype:
   ・ T28P D1 砲塔の 120 mm AT を利用した時の照準時間減少: 2.3 s から 2.1 s
   ・ 120 mm AT Gun T53  の散布界縮小:  0.39 m から 0.38 m
 ・ M2 Medium Tank:
   ・ T48 サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 18%
   ・ T48 サスペンションの地面(軟地)での走破性向上: 14%
   ・ T49 サスペンションの地面(硬地)での走破性向上: 9%
   ・ T49 サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 8%
   ・ T49 サスペンションの地面(軟地)での走破性向上: 9%
 ・ T30:
   ・ T80E3A サスペンションの旋回中の散布界縮小: 8%
   ・ T84E38 サスペンションの旋回中の散布界縮小: 8%
   ・ 155 mm AT Gun T7 の散布界縮小: 0.39 m から 0.37 m

 

ソ連車輌の性能変更点:

 ・ IS-8:
   ・ T-10 サスペンションの走行中の散布界縮小: 9%
   ・ T-10M サスペンションの旋回中の散布界縮小: 10%
   ・ T-10 砲塔の 122 mm M62-T2 の照準時間減少: 3.4 s から 3.2 s
   ・ T-10M 砲塔の 122 mm M62-T2 の照準時間減少: 2.9 s から 2.8 s
 ・ KV-13:
   ・ KV-13 mod. 1942 サスペンションの走行中の散布界縮小: 8%
   ・ KV-13 mod. 1942 サスペンションの地面(硬地)での走破性向上: 9%
   ・ KV-13 mod. 1942 サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 8%
   ・ KV-13 mod. 1942 サスペンションの地面(軟地)での走破性向上: 5%
   ・ KV-13 mod. 1943 サスペンションの走行中の散布界縮小: 9%
   ・ KV-13 mod. 1943 サスペンションの地面(硬地)での走破性向上: 10%
   ・ KV-13 mod. 1943 サスペンションの地面(普通)での走破性向上: 9%
   ・ KV-13 mod. 1943 砲塔の 85 mm D-5T-85BM の装填時間減少: 5.9 s から 5.7 s
   ・ 85 mm D5T-85BM の砲塔旋回中の散布界減少: 14%
 ・ IS-7:
   ・ IS-7 サスペンションの走行中の散布界縮小: 10%
   ・ IS-7 砲塔を利用した時の 130 mm S-70 の照準時間減少: 3.4 s から 3.1 s
 ・ A-20:
   ・ A-20 mod. 1938 サスペンションの走行中の散布界縮小: 8%
 ・ BT-7:
   ・ BT-5 サスペンションの旋回中の散布界縮小: 11%
   ・ BT-7 サスペンションの旋回中の散布界縮小: 12%

 

 
ポータルニュースはこちら

 






1 user(s) are reading this topic

0 members, 1 guests, 0 anonymous users