Jump to content


AXM M4 mle.49およびT26E5の特別塗装の隠蔽上昇率について


  • Please log in to reply
No replies to this topic

rbr_2015 #1 Posted 12 November 2016 - 05:31 PM

    Corporal

  • Member
  • 25 battles
  • 36
  • Member since:
    10-29-2015

最近になりAXM M4 mle.49およびT26E5という特別塗装版と非塗装版のあるプレミアム戦車が各国で販売開始になりました。

気になるのは、この「特別塗装」の性能で、Wikiからの引用になりますが、例えばAXM M4 mle.49ですと

「無塗装版戦車の素の隠蔽が4.28、Liberte(特別塗装版)の隠蔽が5.41、無印に迷彩を付けると隠蔽6.28(いずれも静止中、乗員無しの数字)。」

 

つまり特別塗装戦車は、迷彩を追加で購入する必要がない(できない)反面、購入する迷彩よりも隠蔽率上昇の程度が

低いということなんですけど、これってみなさん知ってました?

 

プレミアムショップには特にこの点について記載がなく、てっきり外見の違いだけかと思っていたのですが。

T26E5とT26E5(P)では砲塔装甲圧に違いがあり、こちらはバグの可能性が噂されていますが、この特別塗装の件って

意図された仕様なんでしょうか?

この点について公式で言及されているソースなどご存知の方はご教示頂ければ幸いです。






1 user(s) are reading this topic

0 members, 0 guests, 0 anonymous users