Jump to content


新規プレイヤーが増えるにはどうすれば良いかアイデアの提案収集としてトピックを作成させて頂きます。


  • Please log in to reply
125 replies to this topic

azure_ta #121 Posted 25 November 2018 - 05:50 PM

    Corporal

  • Member
  • 9697 battles
  • 69
  • Member since:
    09-15-2015
ティア5~6を最近してるけど、自走砲からワンパン多すぎじゃないかな… 初心者とか所見は腹立って辞めるんじゃないか?

yu_otto #122 Posted 25 November 2018 - 09:25 PM

    First lieutenant

  • Member
  • 10930 battles
  • 681
  • Member since:
    10-01-2016

自分はtier5,6は、1,ヘルスは少ないしleFHやFVなど連射型に延々と履帯ハメを食らう

        2,LTの方がMTより使い勝手がいい  等なかなかにハードすぎると思いますね。

更に個人的見解を加えると、まずM4ジャンボが凄い中途半端。装甲を取る→短視界、視界を取る→E8でええやん もっさり機動→自走砲のおやつになりやすいし、独VKP等の88砲L56が運営の卑怯な史実捻じ曲げの犠牲に。

特に88砲は本来連合軍が真っ青になる程の高精度であったはずがありえないくらい下方修正されてます。T34-85より優れてはいけないという独軍不遇の片鱗が見えてくるのが嫌ですね。


Edited by yu_otto, 25 November 2018 - 09:35 PM.


NAZUNA_Seri_4643 #123 Posted 28 November 2018 - 05:35 PM

    Corporal

  • Member
  • 4679 battles
  • 36
  • Member since:
    09-24-2016

他の方も触れてくれていますが、「ゲームとしてシステムが複雑・難解」なの自体は変えるべきではないと考えます。面白味云々も同意しますが、単純に影響が大きすぎるでしょう。初心者向けの策で上級者が混乱しては本末転倒です。

 

やはりというかこの面に関しては「チュートリアルなどでもっと詳しく『やりこみ要素(搭乗員スキルなど)』『知識(茂みを使った隠蔽率上昇など)』を教え、戦場に出ても大丈夫なまでに知識をつけてもらう」は一案ではないかと。

少なくとも初心者全員が見るものですし、どのみち「上級者になる」ためには必須の知識ですから公式で(強引にでも)教えておくべきだと考えます。

 

>yu_ottoさん

M4A3E2やドイツ88mm砲をより「史実の強みに即した」調整に、はいいかもしれないですね。「聞いた話と違う!」は確かにちょっと…かもしれません(もちろんあまりに強すぎる調整を行うのはダメですが)。

 

自走ワンパン問題もある程度調整は必要だと思ってはいますが、304はともかくleFHは「性能を弄らない」と明言されてる課金車ですから…。とりあえず1マッチの自走砲枚数を調整とかは検討に値するかと。

こういうのはともかく、「弱すぎる」と話題になったカノーネンヤークトパンツァーとかを考えると課金車こそ積極的に調整するべきだと思うんですが。アレよく返金騒動にならなかったな(皮肉)


Edited by NAZUNA_Seri_4643, 28 November 2018 - 05:37 PM.


wotsaikyou #124 Posted 29 November 2018 - 11:16 AM

    Staff sergeant

  • Member
  • 24041 battles
  • 250
  • Member since:
    07-22-2016

茂みが隠蔽率が高いとかはチュートリアルで紹介されていますので

それを体感や実感できるチュートリアルに変更するべきだと思います

チュートリアルは、低ティア、それもティア3以下の底ティアでティア1初期戦車でも良いですし、模擬戦のT2ミディアムでも構いませんが

初心者にとって身近かつ導入口としてふさわしい形式を選ぶこと

仮想敵車も自車と同型車にして、自分が強化すると敵をこれだけ発見しやすくなったり敵に発見されにくくなる、反対に敵が強化するとこれだけ発見されやすくなるし敵を発見しにくくなるということを体感できるようにして欲しいです

次に、マッチングする可能性がある格上や格下を自由自在に選択できる戦闘で模擬戦を行うことで、ティア差を平均性能を含めて紹介し実感することと対策を立てることを学習できるようにします。

キットを使うタイミングと、自走砲の射撃の仕方と味方自走砲の援護射撃を受けて敵自走砲を倒すといった応用戦術とスタンなどを紹介し、得られる経験値両などを実感してもらって、マップを紹介して(ティア1なら鉱山とヒメルズドルフと修道院)ティア1に参戦してくださいと誘導して10戦ぐらいランダム戦をやってもらうのはどうでしょうか?



NAZUNA_Seri_4643 #125 Posted 29 November 2018 - 04:36 PM

    Corporal

  • Member
  • 4679 battles
  • 36
  • Member since:
    09-24-2016

View Postwotsaikyou, on 29 November 2018 - 11:16 AM, said:

茂みが隠蔽率が高いとかはチュートリアルで紹介されていますので

それを体感や実感できるチュートリアルに変更するべきだと思います

チュートリアルは、低ティア、それもティア3以下の底ティアでティア1初期戦車でも良いですし、模擬戦のT2ミディアムでも構いませんが

初心者にとって身近かつ導入口としてふさわしい形式を選ぶこと

仮想敵車も自車と同型車にして、自分が強化すると敵をこれだけ発見しやすくなったり敵に発見されにくくなる、反対に敵が強化するとこれだけ発見されやすくなるし敵を発見しにくくなるということを体感できるようにして欲しいです

次に、マッチングする可能性がある格上や格下を自由自在に選択できる戦闘で模擬戦を行うことで、ティア差を平均性能を含めて紹介し実感することと対策を立てることを学習できるようにします。

キットを使うタイミングと、自走砲の射撃の仕方と味方自走砲の援護射撃を受けて敵自走砲を倒すといった応用戦術とスタンなどを紹介し、得られる経験値両などを実感してもらって、マップを紹介して(ティア1なら鉱山とヒメルズドルフと修道院)ティア1に参戦してくださいと誘導して10戦ぐらいランダム戦をやってもらうのはどうでしょうか?

 

模擬戦の導入(WoWSでは導入されてますね)や「活かし方を実例を交えてみてもらう」はいい案だと思います。それこそ「同じ条件の車輛を1台は茂み無し、もう1台は茂みを隔てて、3台めは常に移動させて配置し、プレイヤーにはゆっくりと接近してもらう(茂みの有無、移動/静止で隠蔽率が変わることを把握してもらう)」とか。

 

自走に関してはそもそも「自走砲の動き方・基本戦術・どうなってると射線が通らないか」をチュートリアルに組み込んでもいいかもですね。


Edited by NAZUNA_Seri_4643, 29 November 2018 - 04:38 PM.


wotsaikyou #126 Posted 30 November 2018 - 03:06 PM

    Staff sergeant

  • Member
  • 24041 battles
  • 250
  • Member since:
    07-22-2016

ボンズを低ティアでジャンジャン発行するのはどうでしょうか?

あえて初心者狩りだろうと歓迎するほうがいいです

マッチングできないほど過疎化しているところをベテランで穴埋めできます、オーストラリアサーバーのBOTすらティア2以下ではマッチング不成立になってしまうほどですので、喫緊の課題の解決にも貢献します。

初心者はティア3から始めることができますので、ティア2以下に初心者狩りが来ても問題ありません。

 

毎試合3位以内に入るか、2両撃破や与ダメージ200で1ボンズを発行ぐらいでいいと思います。最安値で4000ボンズでようやく試作型高視認レンズ(レンズ被膜の改良型)です、正確には3000ボンズの予備パーツキット(工具箱の改良型)が最安値ですがまともに応急修理の場面がないので除外します。4000ボンズを1年以内で入手できるぐらい1日10ボンズぐらいを入手できるようにならないと継続のやる気も出ないでしょう。

逆に1日50ボンズとかはやりすぎで、ボンズの価値とやる気を落としてしまうと思うので、それぐらいが落としどころです。

あとは戦闘数とかで徐々に半年で100ボンズぐらい全員にプレゼントするぐらいでいいと思います。






1 user(s) are reading this topic

0 members, 0 guests, 0 anonymous users