Jump to content


初心者さんへのアドバイス

初心者

  • Please log in to reply
57 replies to this topic

rascal_k2 #41 Posted 20 July 2019 - 07:35 PM

    Staff sergeant

  • Member
  • 109779 battles
  • 339
  • [HONEY] HONEY
  • Member since:
    01-13-2014

>type38kさん

そうなんです!

仰る通り、開幕爆散するよりはマシなんですが、敵も味方も引き篭もって相手の出方を待ち構える... といった状況になると、

お互い攻め手を欠き、ゲームが成り立たなく... まぁ、ルール的には、引き分けばかりになってしまう... という事になります。

勝利条件が、敵の殲滅、あるいは、敵陣地の占領である以上、どこかのタイミングで攻めなければ、勝つ事が出来ないのは自明です。

でも、まぁ、まずは、待ってみるという事を覚えただけでも、一歩前進と思いたいところです。(初心者さんに対しては... です)

序盤から攻め一辺倒である必要もないのは分かったけれど、守り一辺倒でも勝てないじゃん!と、そこに気が付けば、次の段階ですね。


 

ここからは、既に、初心者さん卒業間近と言ったところですが、いつ・どこを・どう攻めれば良いのか?という話になってくると思います。

と言っても、一概に決まる訳でもなく、戦況次第になる訳ですが、基本は、相手の弱そうなところから崩していく、といった感じになるでしょうか。

ガチガチに守りを固められると、正面から崩すのは難しくなります。

そのような場所をムリヤリこじ開けようとしても犠牲が増えるだけですので、そこでは無理をせず、なるべく手薄な所に回る方が良いかと思います。

逆に言えば、味方の手薄なところは、崩される可能性が高いので、特に注意が必要です。


 

結局のところ、こうすれば勝てる!といった必勝法などは存在しない訳ですが、

ただがむしゃらにプレイするよりは、その場その場で、ちょっと考えてみた方が、勝利に近付くように思います。

最終的には、そうやって積み上げた経験値が、最大の武器になるのではないでしょうか。


 

・とにかく乗ってみよう!

これまでのアドバイスから考えると、無茶苦茶なアドバイスのような気もしますが、理屈だけじゃ勝てん!というところも、確かにあると思います。

最近、自分が思ったのは、イベントで貰ったM10シロッコですが、実際に乗ってみると、思ったよりも隠蔽が良くないかな?といった印象でした。

スペック表の隠蔽率を見たり、色々な情報から隠蔽が良いらしいと見たり聞いたりしても、実際に乗ってみると、そうかな?と思う時が良くあります。

ELCなんかも、そうですね。

自分が乗ると、何故か、簡単に見付かる... 苦笑

勿論、搭乗員の育成具合やスキル/拡張パーツの効果で、刻々と状態は変化していく訳ですが、大事な事は、自分で感じてみるという事かと思います。

常々、書いていますが、自分も、どちらかと言えば、死にまくって体で覚えたクチですが、

ここでは見付かるのか、ここなら大丈夫なのか... そういう試行錯誤を繰り返して、それぞれの車両に合ったポジションなどを覚えていきました。


 

セオリー通りに乗っても、必ずしもセオリー通りに行くとは限りません。

車両との相性?のような物もあって、性能を引き出してあげられない車両もあれば、性能以上の活躍が出来てしまう車両もあったりします。

無意識のレベルで、プレイヤー個人個人、それぞれの乗り方のような物があって、それに合うか合わないか... のような気がしていますが、

それによって、同じ車両でも、人によって、乗り易いだとか、乗り難いだとか、印象が変わってくるのかな?という事かと思います。

だからこそ、実際に自分で乗ってみて、感じてみる事が大事なように思うのです。

隠蔽具合や視認具合を、大体の体感で掴めるようになれれば、自然と乗り方も変わってくると思います。

スペック表の数字だけで、その車両の性能が分かる訳ではないですね... という話でした。

 

 

 



rascal_k2 #42 Posted 21 July 2019 - 06:51 PM

    Staff sergeant

  • Member
  • 109779 battles
  • 339
  • [HONEY] HONEY
  • Member since:
    01-13-2014

・とにかく乗ってみよう!その2

ティアを上げた直後は、なかなか、うまくいかない物です。

その一つの理由としては、新しい車両や新しいマップなど、知らない要素が増えるからではないでしょうか。

特に車両については、攻撃力・防御力・機動性・視認性など、全く分からない相手に対して、効果的な対応が取れる訳がありません。

低ティアで良く見る風景としては、ICが、フランス辺りの重装甲車に必死になって撃ち込んでいたり、

ちょっと反則な気がする2Jに対して、無知な初心者が、喧嘩を売ったり...

それぞれの車両において、得意な相手・苦手な相手、両方ありますから、早めに、車両特性を覚えるようにすると良いと思います。

相手の車両特性を覚える、最も有効だと思える手段は、自分がその車両に乗ってみる事だと思います。

実際に自分で乗ってみる事で、外から見ているだけでは分からなかった、使いづらい部分や弱点などが、良く分かるようになると思います。

自分がやられて嫌だった事を忘れずに、自分が逆の立場になった時、その経験をうまく活かせれば、これまでより上手に立ち回れるようになるでしょう。

とにもかくにも、理屈だけで勝てるようになれる単純なゲームではありませんので、

ひたすら、乗ってみて、死んでみて、何が良かったのか悪かったのか、自分なりに考えてみて、今度は別な方法を試してみて... の繰り返しだと思います。

理論と実践とをバランス良く学んでいければ、すぐに初心者レベルは、クリア出来るように思います。(でも、そこからが、また大変だったりするけど...)



wotsaikyou #43 Posted 23 July 2019 - 07:03 PM

    Staff sergeant

  • Member
  • 56966 battles
  • 348
  • Member since:
    07-22-2016

相手は金(課金)とプレイ時間のやり込みと専攻に物を言わせた、有利になるアドバンテージを全て導入しています(当然ですけど)

それに対抗するには、それ以上の強化をするか

最低でも乗員ペナルティを受ける状態を極力避け、乗員スキルも拡張パーツや消耗品も安物で良いので取り付け迷彩塗装も塗り、ディレクティブや消耗品は配布されて入手出来次第惜しみなく使う

持てる力を次のティアまで温存するのも良いですが、勝つためには早めに惜しみなく全力投入するのが良いです

何も課金弾を使うなどという難しい高額出費を要求しているわけではありません、古参はあなた方を狙って狩りにやってくるわけですから、対抗する護身のためにもミイラ取りがミイラになるで初心者狩りに対抗するため初心者狩り狩りになる(初心者狩りを狩り返す)という強化が必要なのです

ティアを上げるのは、完全に準備ができてからです。

ゴールドでタンクアカデミー訓練する金がないなら、代わりに拡張パーツで換気扇をつけたりセカンダリスキルがあらかた(2~3周かつ最低第六感とカモフラージュか修理とか)揃った段階で、完全に対抗できるぐらい万全の体制を整えてからでいいでしょう。

初心者狩りとか日本人特有の悪い習慣の、世間体とかを気にしてはいけません

恥も外聞もなく勝つためには手段を選ばず、ルールは守って、やれることをできる限りやればいいのです。

ダメージを自分が与えるだけがすべてではありません、視界や履帯破壊でダメージアシストで経験値やクレジットを稼ぐもよし、無線能力を強化して味方に貢献するもよし(前線の中戦車で自ら視界をとらえて後方の駆逐戦車や自走砲に援護射撃してもらう方法も有効です)、操縦手にオフロード走行やクラッチの名手を差し置いて衝突の制御を習得して体当たりで相撲のぶちかましのようにして倒すのも奇策ですが有効なんですよ。

第六感付けるよりカモフラージュで隠蔽を重視と視界を状況判断力と偵察の重複効果で、敵の少なくとも同型や同格かつ同車種同程度性能の他車に視界勝ちして、同じ初心者に勝つ方法も有効です。

絶対に第六感という風潮に惑わされてはいけません。低ティアの内はマップが狭く敵に発見されて守勢になっても逃げ場すらないより絶対に攻勢をかけ続けることができる視界や隠蔽が有利なのです。

同型の敵を恐れることはない、むしろかかってこい覚悟しろと言えるほど強化するだけでも自信につながり、同形式の敵を恐れずに済み、他形式だけを相手にすることに専念もできて一石二鳥ですよ。



type38k #44 Posted 27 July 2019 - 01:34 PM

    Sergeant

  • Member
  • 17559 battles
  • 126
  • Member since:
    01-17-2016

>rascal_k2さん

私は「初心者卒業」の時期が一番むずかしく、かつ一番面白いところだと思いますね。

 

私はTDから入ったんですが、

チャンスを待つことは覚えたが停滞した状況を動かせない→T-34で前半狙撃+後半ゴリ押し→LTで走ってかき回す+置き偵察→地形でブロックながら薄い前線を支える(MT)

といった順番で、いろいろ試しながら立ち回りを考えました。

脱初心者、の時期で5000戦くらい試行錯誤したかなあ。

 

いっぺん前線を支えることを覚えると、それまで窮屈だった味方の射線が一気に楽になります。

最初にTDやって苦労してただけに、「エ、MTってこんなに勝てるの!?」って思ったもんでした。

欲を言えばゲームの中であと平均2,3人くらい前線を支える意識のある人が出てきてくれると、ゲームが締まって面白さが増すと思ってます。

今「脱初心者」くらいのポジションの人の奮起に期待したいです。



Nyonyorin #45 Posted 14 August 2019 - 09:48 PM

    Sergeant

  • Member
  • 11693 battles
  • 104
  • [UCGO] UCGO
  • Member since:
    05-14-2015

とうとうここも乗っ取られたか。

運営は仕事してないようだし、そろそろゲーム閉鎖なのか?



yu_otto #46 Posted 19 August 2019 - 09:57 PM

    First lieutenant

  • Member
  • 12298 battles
  • 928
  • Member since:
    10-01-2016

規約上不適切な議論が行われたため編集・削除を行いました。赤字で訂正されたテキストは再編集を行わないでください。

今後ご投稿される際は、フォーラムガイドライン及びルールをよくご確認の上ご注意ください。

 

ll_kAEdE_ll
WoT管理チーム


Edited by ll_kAEdE_ll, 22 October 2019 - 09:02 PM.


Nyonyorin #47 Posted 20 August 2019 - 09:33 PM

    Sergeant

  • Member
  • 11693 battles
  • 104
  • [UCGO] UCGO
  • Member since:
    05-14-2015
とうとうここも乗っ取られたか。

>運営は仕事してないようだし、そろそろゲーム閉鎖なのか?

 

あ~。一応コメントしときます。

上記私のコメントの前に、4月頃にアカウント作成して戦闘数0件の人の書き込みが載っていました。

書き込みの内容は10回の投稿に分けて100以上の外部リンクだけが書いてあるものでした。

知らない間に削除されていて、かつ、運営からの削除理由もないので、私のコメントがアホみたいに浮いている状況です。。。

その書き込みをキャプチャしとけばよかった。。。

 

”ここも”と書いたのは、7月下旬から8月初旬にかけて、オーストラリア鯖でリアルな大量BOTが出現していて、

チケット切るまで放置されていたのです。。。

チケット切ったら見かけなくなりました。

BOTはランダムな8~10桁くらいの大文字小文字英数の名前で、B2(最近は新人にレンタルしてる?)などを使っていて、1ゲームに敵味方8両とか、1日に200戦(戦闘結果から)とかしてました。

ちょっとみただけで10以上のアカウントはありました。

 

とりあえず情報共有まで。。。

 



rascal_k2 #48 Posted 18 October 2019 - 06:05 AM

    Staff sergeant

  • Member
  • 109779 battles
  • 339
  • [HONEY] HONEY
  • Member since:
    01-13-2014

・ミニマップを見よう

これは、常に言われている事だと思いますが、大事な事は、ミニマップの何を(どこを)見るか?だと思います。

ミニマップは、情報の宝庫なのですが、見方が分かっていないと、ただの地図でしかありません。

また、見えている情報以外に、時系列的な情報や見えていない情報を、自分で補完していく必要があります。(一部、MOD機能で補助可能)

例えば、味方の進軍に合わせて、クリアになっていく領域とグレーの領域とで、色分けがされていきます。

基本的には、味方が進軍し前線を構築した経路には、暫く、敵はいないはずです。

また、敵が見えていない領域で味方が撃破されたとすれば、その近辺に見えていない敵が潜んでいる可能性が高いと考えられます。

このように逐次情報をアップデートしながら、ミニマップにより戦場全体の戦況を把握しつつ、次の行動を考えて行く事になります。

特に気にしなければいけない点は、味方の前線に偏りや穴がないかという事だと思います。

その偏りや穴から敵が進行してきた場合、一気に戦線が崩壊したり、そのままCAP負けとなりやすいからです。

その場合、いち早く穴を埋めに行くか、二手三手先を考えて、早々に自陣の防衛を固めるなどの行動が必要になるでしょう。

このように、ミニマップを見る場合は、自分の周りだけでなく、戦場全体を俯瞰する事が大事になってきます。

ありがちな話としては、目の前の戦闘に夢中になり、はっきりとCAPを狙っている敵がミニマップ上で見えているにも関わらず、対応出来ないようなケースです。

戦力が偏っていれば、戦力が集中しているエリアでは、優勢になるのは当たり前であって、一見、イケイケの雰囲気に思いがちですが、

反対側がどのような状況になるか、少しでも想像すれば、十分な警戒が必要な事が、すぐに分かると思います。

ぶっちゃけ、このような負け方をして悔しい思いをした事は、一度や二度ではないはずです。

あそこで自陣に戻っていれば、こんな負け方はしないで済んだろう... と思ったのであれば、

次からは、どうすればそうならないかを考えるべきでしょう。


 

・味方を利用する

ちょっと言い方が悪いですが、味方との連携が重要という事は、よく聞くと思います。

意味合い的には、それと同じつもりなのですが、

連携と言うと、お互いの意思疎通が完全で同じ事を考えている前提、と思われがちです。

しかし、昨今、ティア6,7辺りでも、いわゆる暖色系と言われる初心者さんが大半である事が多いです。

つまり、自分の動きに味方が合わせてくれるであろうと期待する事が、そもそも間違いとなる場面が大半という事になると思います。

ですから、味方の動きに自分が合わせる... つまり、周りの味方を、どう利用するか... という発想をした方が良い結果になるように思います。

その延長線上で、連携が成立するなら、尚、良いでしょう。

大事な事は、味方に期待をし過ぎない事です。



QuadLutz #49 Posted 29 October 2019 - 11:20 PM

    Staff sergeant

  • Member
  • 15139 battles
  • 307
  • Member since:
    05-14-2015

たぶんなんですけど、ミニマップを見よう!って初心者に教えるからミニマップを見て死ぬんだと思います。

ミニマップを読もう!って教えるのが個人的にはいいのかなーと、思ったり思わなかったり。

WoTに限らず何事もそうですけど、方法に固執せず、思考を大切にしていかないとどこかで壁にブチ当たりますからね。



rascal_k2 #50 Posted 30 October 2019 - 01:25 AM

    Staff sergeant

  • Member
  • 109779 battles
  • 339
  • [HONEY] HONEY
  • Member since:
    01-13-2014

仰る通りだと思います。

自分も、ミニマップを「見る」という行為自体じゃなくて、そこから何を拾って、どう生かすか... みたいな点が大事なんじゃ?

なんて思えてきて、改めて書き込んでみたりしたのですが...

言葉にしてしまうと「ミニマップを見る!」って事になってしまうのかもしれませんが、

初心者さんに対するアドバイスとしては、説明が足らないのかもなぁ?と思った訳です。

何故、ミニマップを見る事が大事なのか、その「何故」の部分を、ちゃんと説明しないと、

やっぱり、ただ、ミニマップを眺めるだけで、ミニマップもちゃんと見てるのにー!ってなっちゃうかな?と。

世の中的にも、割と、そういう部分があると思いますが、マニュアル化されてしまうと、「何故」の部分が欠落しがちですよね?

やはり、個人個人が、どうしてそうするのか、ちゃんと自分の頭で考え理解しないと、ただの真似事で終わってしまいますよね。

自分が訴えたかったのは、正に、そういった部分でしたが、わかり易い文章にまとめるのは、とても難しいですね。苦笑



rascal_k2 #51 Posted 17 November 2019 - 06:24 AM

    Staff sergeant

  • Member
  • 109779 battles
  • 339
  • [HONEY] HONEY
  • Member since:
    01-13-2014

・誰の真似をしているのか?

XVMを入れていると分かると思いますが、ティア5戦くらいでも、半分以上が、いわゆる暖色系(赤やオレンジ)のプレイヤーさんです。

要するに、半分以上が、戦績上、平均以下のプレイヤーさんという事です。

開幕特攻などで、開始直後に爆散するような、超初心者さんは、論外としても、

同じようなところに固まっていたり、意味のない陣取り合戦に明け暮れたり、

まともな立ち回りが出来ているプレイヤーさんの方が少ない状態です。

つまり、下手な人が、下手な人のプレイを真似ている... といった状況にある訳ですね。

周りと違う動きをしていると、不安になる事もあるかと思いますが、

周りの方が間違っていたりするので、その点に早く気が付いた方が、ムダに悩まなくて済むかもしれません。

逆に、それでは、上手い人の真似をすれば良いのか?というと、単純にそういう話でもなく、

上手い人は、車種・車両・乗員の育成具合・拡張パーツの有無などに合わせて、乗り方を変えています。

ですから、何も考えずに、上手い人の後に付いていっても、自分だけ爆散する事になったりもします。(隠蔽などの関係で)

多分、一番良いのは、自分の今の状態(乗ってる車両や装備、乗員の育成具合など)を含めて、

上手い人に直接アドバイスを貰う事かと思います。

但し、これも、上手い人には、それぞれのスタイルがあるので、

自分のスタイルに合っているかどうかで、アドバイスが嵌るかどうか、違ってくると思います。

とにかく、言いたい事は、みんながやっている事を真似してみても、下手になるだけです... という事です。


 

・受けるダメージは分散、与えるダメージは集中

初心者プレイヤーさんが、早めに理解すべき点の一つに、サシの勝負ではないという点があります。

どんなに強い車両に乗ったとしても、一対多では、勝ち目はありません。

例えば、HPが500あったとして、平均100ダメージで5発喰らえば、それでオシマイです。

相手5台から狙われたら、一瞬で終わるという事です。

初心者さんが、あっさりと爆散するのは、相手の集中砲火を簡単に浴びてしまうからです。

そして、ここで大事な事は、爆散してしまえば、その分、攻撃力が落ちるという点です。

例えば、先程の例で、500ダメージをまとめて受ければ、爆散してしまうところを、

味方が替わりに受けてくれたとすれば、5台で100ダメージずつで、5台とも生き残れる訳です。

これが、敵味方、5台ずつで撃ち合っていた状況であれば、一台が減れば4:5となり、一気に厳しくなりますが、

5:5のままであれば、まだまだ互角の状態です。

ですから、ダメージを受ける場合は、自分が一手に引き受けるべきではありません。

自分が瀕死の状態であれば、ムリをせず、HPに余裕のある味方に前線を譲るべきです。

逆に言えば、敵に対しては、砲火を集中し、数を減らす事を優先するべきです。

瀕死の敵とHPに余裕のある敵がいた場合、まずは、瀕死の敵を確実に撃破しておけば、

その分、反撃の手が減る訳ですから、状況的には楽になるはずです。

初心者さんが戦犯扱いされやすい点は、簡単に撃破され、数の上での劣勢を強いられる点であり、

ムリに活躍しようとして、かえって、味方の足を引っ張る結果となっています。

生き残っている事だけで、十分、味方の役に立っているという事を、早めに理解しましょう。


 

・引き分けについて

引き分けは、戦績上、負けとして扱われます。

ですから、どうせ負けなんだ!と、試合を投げてしまうプレイヤーさんが多いように思います。

ですが、相手から見たら、勝ちと引き分けは、全然違う訳ですね。

勝てるはずの試合を、引き分けに持ち込まれた時は、相当に悔しい思いをします。

今、あなたが、最後の一台として生き残っていたとします。

ここで、自殺しようが、敵陣に特攻しようが、あなたが撃破された時点で、敵に勝ちをあげる事になります。

自殺してくれるのが、敵としては、一番楽な訳ですが、

たまにチョロチョロと逃げ回る諦めの悪い奴もいたりします。

これがLTだったりすると、本当に、タチが悪い。

無視してCAPしようとしても、見えないところから、リセットを狙ってきたりする。

言いたい事は、勝ち目のない試合だとしても、敵の目線で見れば、勝ちが決まるまで安心出来ないという事です。

敵は、あなたが諦めて自殺するなり、さっさと出てきてくれる事を期待している訳ですから、

注文通りに易々と敵に勝ちをくれてやるも良し、根性悪く引き篭もるも良し、全てあなた次第という状況なのです。

こういった状況で、引き分けに持ち込めた場合、自分は、勝ちに等しい引き分けだと思います。

何故なら、相手に黒星を付けた事になる訳ですから。

特に勝率が60%を超えて70%近いプレイヤーさんにとっては、10戦して6~7勝をキープしないといけない訳です。

そういうプレイヤーさんにとって、一つの引き分けでも痛い訳です。

ですから、勝てる試合は、絶対に落としたくないはずです。

まともにやり合えば、勝てる相手ではないプレイヤーさんに対して、引き分けでも、黒星を付けたと思うと、

結果は引き分けでも、中身としては勝った時以上に、してやったりと思えたりするのです。<相当性格が悪いとも言える... 自爆


Edited by rascal_k2, 17 November 2019 - 09:16 AM.


rascal_k2 #52 Posted 24 February 2020 - 07:46 AM

    Staff sergeant

  • Member
  • 109779 battles
  • 339
  • [HONEY] HONEY
  • Member since:
    01-13-2014

最近は、ティア5,6辺りでも、PR3桁のようなプレイヤーも増え、ティア7,8辺りでも、初心者レベルのままの人が多くなったように思います。

正直、全くルールを理解していないような動きも目立ち、ゲームが成立していな事も、しばしばあるような状況です。(15-1とか、一方的な展開... それも、高ティアだったりするので、嫌になります...)

もしかしたら、日本語が通じない方々が主なのかもしれませんが、せめて、日本語が分かる方に向けて、最低限理解して欲しい事を書いてみたいと思います。


 

・自分から見えていなくても、敵からは見えている状態がある

視界ルールについて、細かい事は、さておき、まずは、これを理解しないと始まりません。

「見えない敵から一方的に撃たれる」というのが当たり前のゲームです。

これを理解しない事には、まずもって、このゲーム自体が成り立ちません。(不公平だとか、理不尽だとか、そういうゲームなんだから、しょうがない...)

よく見掛けるのが、吶喊プレイですが、敵が見えないからといって、前へ前へと行き過ぎるのが、初心者の最もやりがちなパターンです。

敵が見えない=敵がいない、ではないのです。

また、敵から自分が見えているなら、自分からも敵が見えるはずだ、と考えるのも間違っています。

撃たれずに撃つ、つまり、見付からずに撃つというのが基本ですので、

むしろ、見えない敵から一方的に撃たれる状況の方が、普通くらいに思っていた方が良いでしょう。

上級者ほど、これを徹底してきますので、初心者は、なす術がないという事になります。

また何度も書いていますが、視界と隠蔽は、プライマリスキル・セカンダリスキル・拡張パーツなどによって強化されます。

つまり、50%乗員&拡張パーツなしの状態と100%乗員&スキル満載&拡張パーツ満載では、同じ車両でも、別車両と言えるくらい性能が変わります。

数字上は微々たる差でも、より見付けやすく、より見付かりにくくなる訳ですので、その差は、数字以上に大きく感じる事になります。


 

・弾が狙ったところに飛ばない

このゲームでは、狙った照準の真ん中に、必ず弾が飛んで行く訳ではありません。

レティクルサークル範囲内のどこかに、決められた確率で飛ぶようになっています。

従って、絞りが甘いと、どこへ飛んで行くか分からないという事になります。

理想的には、狙っている車両よりもサークルが小さくなるまで絞りたいところですが、

遠距離狙撃などの場合は、絞り切っても、そうならない時などもあります。

つまり、基本的に、早撃ちはNGという事です。

上級者は、前もって狙いを定めている事が多いので、早く撃っているように見えますが、絞れていない訳ではありません。

全然当たらというのは、クソゲーだからではなく、仕組みの理解不足が原因である事が多いと思います。

まずは、しっかり絞って、しっかり当てる、というクセを付けた方が良いでしょう。


 

・相手によっては、ほとんど抜けない事がある

これも何度も書いていますが、マッチングされる車両の中には、自分がいくら頑張っても、傷一つ付けられない相手が含まれる場合があります。

初心者さんは、相手構わず喧嘩を売りますが、相手にダメージを与えられない以上、一方的に殴り倒されるだけです。

これも理不尽ではなく、単に知識不足なだけであり、そういう相手とは、極力戦わないようにする事が、一番賢い選択です。

ですから、まずは、要注意車両を早めに覚えましょう。

それだけでも無駄死にする機会を大分減らせるようになると思います。


 

・無敵の装甲は存在しない、必ず抜いてくる相手がいる

これまた何度も書いていますが、どんなに重装甲車両でも、必ず抜いてくる相手がいます。

多くは駆逐ですが、側背に回られれば、それ以外の車両でも、抜いてくる相手はいます。

重装甲車両だからといって、調子に乗って単独で突撃する初心者さんが多いですが、

大概は、まったく役に立たず、敵の的になるだけで、結果、罵声の嵐を浴びる事になります。

特にHTは、慣れないうちに乗ると、タダのやられ役になりがちですので、個人的には、あまりお勧めしません。


 

・一撃死がある

大口径榴弾の場合、当たり所によっては、一発で撃破される場合があります。(いわゆるワンパン)

特に装甲が薄い車両の場合は、要注意です。

当たらなければ、どうという事はない!とばかりに、チョロチョロするLTさんがいたりしますが、

一発でも当たれば、即終了!というリスクがある事を、覚えておきましょう。

また、そのような相手に手数勝負を挑む場合、殺しきれなければ、一発で逆転されるという事も覚えておきましょう。



spoit #53 Posted 29 February 2020 - 09:01 AM

    Staff sergeant

  • Member
  • 20 battles
  • 270
  • Member since:
    08-31-2019
>たぶんなんですけど、ミニマップを見よう!って初心者に教えるからミニマップを見て死ぬんだと思います。

>ミニマップを読もう!って教えるのが個人的にはいいのかなーと、思ったり思わなかったり。

自分のやってることではあるんですが、「発見時の音」が流れたら”それ”を確認するが最もシンプルかなと。

緊張度が高い時(狙っている・狙われている)時は周囲の状況を度返しして目の前に対峙しなければだめですからミニマップを見る余裕はないはずです(もちろん、慣れていけばそれも可能にはなりますが)。

となれば、それ以外のタイミングなら必ず確認できるはずです。


 

最初は発見位置を把握(≒あっちの方だとわかる程度)するだけでいいでしょう。意味が分からなくとも癖付けする必要はあると思います。

いずれその発見位置によって相手の行動自体が、味方(特に観察者)の位置との兼ね合いから相手の行動意図が見えてくる(瞬時に推測できる)ようになりますが、それは熟練者の域だと考えています。

しかし、癖づけが無くミニマップを見ようともしなければ初心者から脱却はできないでしょう。


 

>・自分から見えていなくても、敵からは見えている状態がある

補足します。

「自分が敵を見失ったから敵も自分を見失っているはずだ」は初心者がやる大間違いです。

理由は3つ

※敵が見失う時間と自分が見失う時間が異なっているため、自分が見失っていても敵は見失っていないことがある

※敵を見失ったとき、自分はその敵ではない誰か別の敵によって継続的に視られていることがある(この時は第6感は作動しない)

※「遠くの茂み」などの一部の壁は、敵にしか情報筒抜けの恩恵を与えない

ですね。

 



rascal_k2 #54 Posted 29 March 2020 - 12:20 AM

    Staff sergeant

  • Member
  • 109779 battles
  • 339
  • [HONEY] HONEY
  • Member since:
    01-13-2014

このゲームは、戦車が主役のゲームですから、「敵を撃破する」という目的は、非常に分かり易く、すんなり受け入れられると思います。

ですから、初心者さんは、どうしても、「敵を撃破する」事を優先(それしか考えていない?)し、最初の壁にブチ当たる事になります。

ところが、このゲームは、それほど単純ではないので、次のステップで、色々と試行錯誤する事になります。

つまり、「敵を撃破する」事以外に、どのような戦術オプションが考えられるか、手探りで学んでいく必要がある訳です。

言ってみれば、これらの戦術は、一種のコマンドなりカード効果と捉える事が出来ます。

大戦略のようなシミュレーションゲームやトレカのようなカードゲームと似ているという事です。

相手の手に対して、如何に効果的な手を選べるかどうか?

その為には、どのような戦術があるか、知っておく必要があるのです。

そのような考え方が出来るようになれば、戦場をボードゲームの盤面のように俯瞰出来るようになると思います。

すると、「攻撃(強襲)」コマンド一辺倒では勝てない... というところにも気が付けるように思います。


 

ふと、そんな事を思い付き、戦術オプションをコマンド風に列挙してみるのも面白いかな?と考え、やってみる事にします。

尚、多分に個人的な趣味?に偏っている部分もあるので、半分は、お遊びと思って読んで下さい。


 

・偵察(定点):いわゆる置き偵察。最も基本的な方法であり重要でもある。肝は姿を晒さない事。どこから見られているのか敵に悟られては効果半減。

・偵察(陽動):いわゆる走り偵察。見付からずに遂行出来れば、偵察、姿を晒す場合は、陽動を兼ねる。つまり、姿を晒す事で、敵を引き寄せる、もしくは、遠ざける事が出来る。

・偵察(強制):自身を中心に半径50m以内の範囲にいる物を強制的に視認するのも、一種の偵察となる。同時に、自分も視認されている事を忘れてはならない。


 

・攻撃(奇襲):機動力や隠蔽力を駆使し、敵の虚を突く。一般的に、セオリーから外れる行動となるので、場合によっては、推奨されないような手順&手段を敢えて選択する事もある。

・攻撃(強襲):物量や火力で相手を押し切る。強襲と強襲がぶつかると、ただの消耗戦。強襲に対しては、如何に受け流せるかがポイントとなる。

・攻撃(通常):通常の攻撃。初心者さんが主に使うコマンド。笑(もしくは、ルール無視の「奇襲」コマンドが多いのかな?)

・攻撃(支援):前線の味方に対して、後方から火力支援を行う。前線が偵察部隊であれば、通常攻撃とほぼ変わらない。一般的には、火力が大きい車種が、このコマンドを多用する。(自走とか)

・攻撃(狙撃):支援の一環であるが、相当な遠距離からの正確なピンポイント支援であり、それなりの技術を要する。狙撃可能ユニットが存在すると支援可能領域が大きく広がる。


 

・防衛(迎撃):敵を待ち構え、近付いてきた敵を積極的に攻撃撃退する。

・防衛(拠点):拠点ポジションで敵の侵攻を食い止める。足止め。時間稼ぎ。こちらから積極的に攻撃する必要はない。

・防衛(縦深):敵をある程度の地点まで引き込み(この間は視認していても手を出さない)、退避不可能な状態で集中砲火を浴びせ撃滅する。


 

・撤退:現ポジションの維持を諦め、次の行動に移る。


 

あれ?意外と思い付かなかった... 苦笑

というか、コマンド体系にしようとすると、微妙な行動が表現出来ない事に気が付いた... orz

「総反撃」なども考えたんだけど、全体コマンドみたいだしなぁ... とかとか。

改めて、ゲーム作っている人たちって、凄いなぁ... って思った。

素人が思い付きで考えてみても、タカが知れてますね。^^;;;



Eisvogel #55 Posted 13 December 2020 - 03:54 PM

    Corporal

  • Member
  • 9168 battles
  • 19
  • Member since:
    10-25-2018

わたし自身、まだまだ初心者なので偉そうなことは言えませんが、

僭越ながらここまでで挙げられていない点を補足させていただくと

 

・レミングスしないようにしよう

これが抜けてるような気がします。

レミングス(一箇所へゾロゾロ群れていく)も「いいレミングス」と「悪いレミングス」とがあって、

効果的な場所への戦力集中ができるとそのまま相手の防衛線を突破してcap(陣地占領)なども可能なんですが…

ほぼ9割方は「悪いレミングス」なんですよね。

(というか、普通は効果的な戦力集中をレミングスとは言わないですね(苦笑)

 

では「悪いレミングス」とはどういうものか?

これは一本道の場所へゾロゾロ行ってしまうというものです。

例えば「湖の村」の2ラインのような場所へ群れて行ってしまう。

こうした一本道の場所というのは出口が限られてますから、少人数で十分守ることができるわけです。

そして一本道の出口付近には大抵、中戦車(MT)や駆逐戦車(TD)が待ち構えてますから、

これらにいいように撃たれて結局capもできずに足止めされてしまうと。

 

また、一本道の場所というのは数的な優位を活かしにくい場所なんですね。

相手の背後に回り込んで挟み撃ちしたりすることができないわけですから。

結局、数に任せて前進しても同じような場所での撃ち合いに終始してしまう。

同じ角に4人も5人も並んで前後にギシギシやってても意味が無いでしょう?(苦笑

上手な人ならこれ、一人でその4-5人を足止めできますよ。

ということは味方は相手一人に対してこちらは4-5人を消費する数的な不利を強いられるわけです。

(そのムダな数人が別の場所へ行ってれば数的に対等に戦えたかもしれないにもかかわらず)

そうした点からも一本道の場所へゾロゾロ行く必要性は皆無です。

 

また、レミングスがダメなもう一つの理由がそれ以外の場所ががら空きになってしまうという点です。

敵も同じ場所へゾロゾロとレミングスしてるなら話は別ですが、

そうでないなら手薄な場所をあっという間に突破されてcapや他の味方の背後まで来てしまう。

結果、前後を挟まれてあえなく撃破されてしまうわけです。

 

とくによく言われる「オーバーロード」の海岸(1-2ライン)や「湖の村」の2ラインなどは

それ以外の場所へ射線を通せないこともあって、レミングスするのは完全に悪手です。

 

行ったならcap踏むまで前進しきろう。それができないなら最初から行くな。capを完遂して初めて役に立ったと言えるのだ。

これに尽きます。

 

***

ではどうすればレミングスせずに済むか?

これはやはり「ミニマップをよく見よう」ということになります。

どこか一箇所へ味方がゾロゾロ集まってたなら、それ以外の場所が手薄なのは明らかですから

自分も付和雷同してそこへ群れ集うのではなく反対側で前線を構築してる味方を手助けするようにしたいですね。

 

ただ、自分一人がそこへ加わったところで手薄なのに変わりはありませんから、大抵は多数の敵に囲まれることになるでしょう。

そのため遅滞戦術に徹して必要以上に押さない(「こっちにも敵がいるぞ」と思わせて時間稼ぎすることが目的なので)、

また危険だと判断したらすぐさま陣地付近などの守りやすい場所まで逃げるなど「戦況を読む」能力が求められます。

 

レミングスというのは他の場所で戦ってる味方にそうした余計な負担を強いるものでもあるんですね。



sukumoman #56 Posted 13 December 2020 - 10:06 PM

    Corporal

  • Member
  • 0 battles
  • 19
  • Member since:
    05-11-2020

>・レミングスしないようにしよう

僭越ながら書かせてもらいます。

上記のことは偉そうに講釈垂れるトピに比べ、分かりやすく、シンプルかつ一番大事なことです。

このゲームは大別すると「脳筋」と「知性的」に分かれ、知性的=上手い人となりますが、脳筋もまたこのゲーム上では「上手い人」に該当します。

というもの脳筋がレミってチームが敗北したとしても、脳筋は相手と「激しく」戦ったため、与ダメや射撃回数で試合成績ではトップになるためです。

(ズルいことにこのゲームの成績システムではここをきちんと整理できていません…。)

なので初心者にとってレミる人=上手い人に見えるかもしれないが、ただのゲームクラッシャーなのでついていってはダメですw

 

それと「上手い人」にも注意。

性質が悪いことに、無意識に中・重戦車(しかも特定の国や特定の車両だけ)目線で説明し一部の強い駆逐や自走砲以外はあまり使わない。そんな人が多過ぎるのがこのゲームです。

なかには普段はランダム戦以外で戦っている人、課金戦車&低tierだけの人も。

(とあるトピでは、「あなたの我流の戦術論はだいたい下手なだけです。」と言っているトピ主がいますが、めっちゃ矛盾してますねw)

そういう人の「戯言」に惑わされず、まず自分がどの国が好きか、どの車両(車種)が好きか。そしてそれの弱点は?と自分なりに考えるのが一番かなと思います。

自分も下手ですし、他人様からすればアホなこともしてますが、それでも自分なりにああしようこうしようと思っていました。


Edited by sukumoman, 13 December 2020 - 10:07 PM.


ApricotGT2018 #57 Posted 15 December 2020 - 11:05 AM

    Corporal

  • Member
  • 28142 battles
  • 29
  • [INTLD] INTLD
  • Member since:
    01-23-2018

View PostEisvogel, on 13 December 2020 - 03:54 PM, said:

レミングスしないようにしよう

 

おっしゃることは理解しますし、私もそう思って行動してきましたが、

レミングスが起きたらまずはレミングスについていくのが吉、という結論に至りました。

定石どおりに反対側を守っても、自分一人に対して複数両来られたらそれでおしまい。
ばかばかしくてやってられません。(相手の技量が低ければ自分一人でもなんとかなることは

ありますが)。
ただ、ミニマップを見ることは忘れません。後々状況が判明してくれば、戻るほうがいい事もありますから。

 



CeciliaIrene #58 Posted 06 January 2021 - 11:56 AM

    Private

  • Member
  • 149 battles
  • 4
  • [CMA] CMA
  • Member since:
    08-18-2020

初心者の方、戦績が思うように伸びない方の為に動画作り始めました。

ひとつの動画を作成するのにかなりな時間を要しますので投稿間隔はゆっくりになります。

あくまで、いちプレイヤーの意見として参考にしてください。

 

ニコニコ版:https://www.nicovideo.jp/series/190370

youtube版:https://www.youtube....UlepnPWk3hLqT4f

※上記2つは同じ内容です。







Also tagged with 初心者

1 user(s) are reading this topic

0 members, 0 guests, 0 anonymous users