Jump to content


装輪車両のバランスについて


  • Please log in to reply
13 replies to this topic

Pepper_X #1 Posted 02 April 2019 - 12:51 AM

    Corporal

  • Member
  • 2292 battles
  • 12
  • Member since:
    10-02-2018

装輪車両が実装されてから暫く経ち、そろそろ車両の性能について議論したいと思ったので本トピックを立ち上げさせていただきました

 

自分の意見から言わせていただくと、他のLTに比べると少し調整が必要だと思っています

主に気になっているのは下記2点です

①榴弾貫通力が高すぎる

②走行中の命中精度が高すぎる

理由としては開幕の偵察ポジションの奪い合いなどで特に①の影響を強く感じる機会が多く

視界では劣るものの機動力では優っている装輪車両に単発火力の差までつける必要はないと思うからです

 

とはいえ、そもそも既存の高ティアLTが微妙すぎるといった意見もたまに耳にするので

装輪車両について議論することでWOTにおけるLTの現在または今後の立ち位置などについても聞ければと思っています

※プレミアム車両としても実装されたものを削除するのは難しいと思うので「そもそも装輪車両は削除すべき」といった意見は一先ずなしの方向でお願いします



Kanade_1892 #2 Posted 04 April 2019 - 03:10 PM

    Corporal

  • Member
  • 14407 battles
  • 21
  • [AFL] AFL
  • Member since:
    02-24-2014

確かに、装輪装甲車の存在は既存LTにとってかなり脅威な物だと自分も思います。

LTより機動力が優れる為、以前までの様にLTが置き偵ポジに入るのがかなり難しくなった事。

走り偵察時には走行中の精度が良く、同じような感覚で走り偵した時のLTに比べ弾を当てる事が容易でしかも撃てる弾が貫通力の高いHE(さらにローダー)。

装輪装甲車も確かに視界が悪いといった欠点もあるにはある。

けれども現状の装輪装甲車の性能は実装以前から囁かれていた「現環境でのLTの存在意義はあるのか?」という問題に追い打ちを掛けているとしか思えません。

装輪装甲車とLT、似た目的で運用する車両で仕組みが違うのだから双方のバランスが釣り合う事は難しい事だが、なんとか成らないのかな とは自分も思います。



kozmo10 #3 Posted 25 April 2019 - 03:18 AM

    Private

  • Member
  • 942 battles
  • 9
  • Member since:
    09-30-2014

装輪車の車輪修理の扱いを今一度見直してみては如何かと思いましてここにキーボードを取った次第でございます。

 

配信動画などを見ておりますと傷めた車輪を走りながら直しておりまして、これは如何なものかと思うわけであります。

破損した車輪を抱えて走れるのは百歩譲るとしましょう。

しかし直す時は止まった方が事実に近いのではないでしょうか。

 

そもそも実際に走りながら直せるものなのでしょうか?という疑問でございます。

車のタイヤの修理と申しますと、ジャッキアップして車輪を外してタイヤを交換するわけでありまして、更にホイールバランスを取るなんてぇことになりますってぇと

走りながら出来る事じゃぁねぇなと思うのでございます。

 

履帯や車輪の短時間の修理は数時間から数日の戦闘をゲーム上15分で表現するわけですから理解できますが、走りながらの修理は

いかな妖精や引田天功やゼンジー北京といえどもなかなか難しいのではないでしょうか。

 

車輪を損傷したら安全なところまで走り止まって直す。

車輪も履帯と同じように止まらないと修理できないようにしては如何でしょうか。

 

ご検討の程よろしくお願い申し上げます。

 

 



pop_jack #4 Posted 27 April 2019 - 02:13 PM

    Corporal

  • Member
  • 17562 battles
  • 33
  • [A_L_C] A_L_C
  • Member since:
    03-28-2017

装輪装甲車はもっとナーフするべきだと思います。視界が短いという欠点があるといいますが隠蔽率は軽戦車トップで結局欠点打消ししているし、速度早い上に旋回性能も高いせいで偏差してもあたらん。自分の考えた簡単な方法は修理キットの修理する車輪を2輪にすること。普通の戦車では履帯が2本ですからそれに合わせて2輪とします、という考えです。全修理キットでは2倍の4輪でいいのではないでしょうか。被弾してもノーリスクで敵陣を強行省察できる状況が最もおかしいことに気が付かない運営マジ無能。まず装輪装甲車を実装した時点で無能だったけど。どうせこの提案だって運営見てないし無駄だと思うけど。



QuadLutz #5 Posted 27 April 2019 - 05:53 PM

    Staff sergeant

  • Member
  • 12695 battles
  • 284
  • [-AC-] -AC-
  • Member since:
    05-14-2015

私も装輪装甲車にはなにかしらの調整が必要に感じます。

具体的なことはまとめる暇がなかったので、申し訳ないですが言及できません。

こう思っている人もいるのだと伝えるために、感じたことだけ書いておきます。

 

とりあえず、この車両のせいで戦場がガラッと変質しました。

低ティアでルクスやPZ.ⅠCが敵陣に強行突撃することはよくありました。

ただ、これは低ティアのプレイヤーでは偏差射撃が難しかったり、戦場に上手く車両を展開できないために穴があったからでした。

ところが、この新しい車両はティア9-10の戦場で同じことを成し遂げてしまいます。

偏差しても普通の軽戦車のようにはなかなか当たらず、当てたとしても車輪に吸われて足を止めることもダメージを与えることもできません。

また、ただでさえ通常の軽戦車の存在意義が無くなりつつある現環境において、ここまで極端なアンチ通常軽戦車を登場させる必要があったのでしょうか?

走り偵察は一方的に榴弾を貫通されるのでかなり難しいですし、置き偵察もポジションに入ろうにも装輪装甲車の足が速すぎて潰されます。

なんとか滑り込めたとしても、普通の軽戦車と比べてかなり低いリスクで突撃強行50m視界偵察をされては、普通の軽戦車乗りとしてはやっていられません。



wotsaikyou #6 Posted 27 April 2019 - 07:49 PM

    Staff sergeant

  • Member
  • 29502 battles
  • 310
  • Member since:
    07-22-2016

現実の自動車や簡易装甲車あるいが護送車などにはガラスにレンズ機能なんかないわけですから

レンズ被膜は搭載不可にして、代わりに双眼鏡を搭載不可にすればいいと思います

双眼鏡の視界効果は絶大ですが3秒も静止しなければならず、少しでも動くと無効になる双眼鏡では偵察性能が一気に低下します

現実の自動車では双眼鏡を使うことはできますが、レンズ被膜は使えないのでリアルさもあります



Pepper_X #7 Posted 30 April 2019 - 12:36 AM

    Corporal

  • Member
  • 2292 battles
  • 12
  • Member since:
    10-02-2018

色々意見を頂きましたがやはり装輪装甲車はネガティブな意見のほうが多く見られるような気がしますね

戦っていて思うのはやはり既存LTの立場がほぼなくなってるのが一番の問題じゃないかと思いました

 

あの速さで走りながら400dmgを当ててくるのはかなり理不尽ですし

QuadLutzさんの言うようにPz1Cの混じった低ティアのような戦況を高ティアでも見ることになるとは思いませんでした

ティア8は課金戦車として実装されてしまったのでNerfは難しいかもしれませんが、他のtierに関しては調整が入るように願ってます

(というか全く新しい性能の車両を追加するときは最初に課金戦車を実装するのを辞めたほうがいいのではないでしょうか)



grassnorio #8 Posted 03 May 2019 - 08:17 PM

    Corporal

  • Member
  • 18677 battles
  • 17
  • Member since:
    11-01-2014

『すべてが低Tier戦になる』

そう!装輪車輌についてもやっとする感情はそれだ!と膝を打ちました!

装輪車輌が開幕敵陣に突っ込むのが戦術として成り立っているんですが、それがあるべき姿?

無くすべき光景じゃなく?

戦線はどこいっちゃったの?イスカンダル?

→低Tierに引きずられるのは低Tierの証。低Tierに帰れというユニカム様の指摘が来る。

 

かつ、『ロックオン機能』って違法modに指定されてたじゃん?という謎贔屓

→打たれる前に打てばいいだろというユニカム様の指摘が来る。

 

タイヤも本体と考えてタイヤの空間装甲分をなしにてくれんか

→車体上部狙えばいいだろというゆ(略)

 

日本語ではなにも運営に伝わらないもうダメだおしまいだ。

そうだロシア垢つくって装輪車輌で戦列壊してロシア圏のユーザーを壊そう。



kozmo10 #9 Posted 04 May 2019 - 10:01 AM

    Private

  • Member
  • 942 battles
  • 9
  • Member since:
    09-30-2014

装輪装甲車の車輪破壊に戦車の履帯切りアシストに相当するものが無いということを小耳に挟みまして再び陳情にあがった次第でございます。
 

装輪装甲車の車輪を破壊し機動力が下がったところに味方がダメージを入れれば車輪破壊アシストが入るようにしてはどうかと思います。

装輪車には4つから8つの車輪が付いていますが、車輪1つにつき何%かの機動力の低下を設け操舵輪や駆動輪が破壊されれば操舵もままならない状態にしてはどうでしょう。
車輪の1個や2個破損しても走れるとは聞いていますが、駆動輪や操舵輪が破壊されればかなりの機動力の低下があるのではないかと想像します。
実際のところ片側全輪、前側両輪、後側両輪またその両方など破壊されれば操縦は困難を極め動けなくなることさえあるのではないかと思うのです。

 

また前回も書きましたように、車輪を破損しても安全なところまでヨタヨタしながらも走れることにしておいて、車輪の修理は止まら無いと直せないようにした方が良いように思います。

以上三点、ご検討のほどよろしくお願い申し上げる次第でございます。

 



Noraneko_Master #10 Posted 17 May 2019 - 09:26 PM

    Corporal

  • Member
  • 38812 battles
  • 21
  • Member since:
    10-16-2013

履帯切りができないから理不尽に思うかたが多いようなので、装輪の場合、装輪修理は修理キットを使ってから三秒ぐらいたたないと治らないって感じが、装輪を潰さず落としどころではないかなと思ったりします。

 

止まっていれば即修理、動いている時はどんなに急いでも3秒ぐらいよろよろ走行しかできないぐらいがいいと思います。



Pepper_X #11 Posted 18 May 2019 - 08:32 PM

    Corporal

  • Member
  • 2292 battles
  • 12
  • Member since:
    10-02-2018

走りながら修理できなくさせることやタイヤ破損の影響を増やす等が丁度いい落とし所かもしれませんね(できれば行進間射撃の精度も下げて欲しいところですが)

 

最近は開幕で敵陣に突っ込んでくるようなプレイングはあまり見なくなったような気が(個人的には)していて、少し落ち着いてきたような印象を受けていますが

それでも今までのWoTからするとちょっと異質な感じはなかなか拭えないですね

今後、他国の装輪装甲車も実装されていく可能性も高いので、こればかりはこれからのWoTはそういうものだとして慣れていくしかなさそうですね:(



Rc_undersun #12 Posted 19 July 2019 - 10:00 AM

    Private

  • Member
  • 15479 battles
  • 4
  • Member since:
    02-16-2016

当たらなければどうということはない精神で、生存性と視認性を補って、悪くない精度の砲からは申し分ない火力のヒート弾。しかもオート照準付き。

オート照準つけるのであれば、せめて砲の精度を最悪にするなり、単発火力を最低にするなりしてほしかった。



looga #13 Posted 08 August 2019 - 07:35 PM

    Private

  • Member
  • 20439 battles
  • 7
  • [ALOWW] ALOWW
  • Member since:
    08-24-2016

自分もEBR105に対しいくつか思うところがあるのでこちらに書き込ませていただきます。

まず最初に装輪装甲車の欠点から上げていきたいと思います。

・貫通力が同格LT最下位(以下同格LTと比較します)

・DPMも最下位(最近マンチコアが追加されたためブービーに)

・HP最下位

・装甲も同格LT比較してなお薄い

・素の視界350(双眼鏡装備不可)

・超信地旋回不可

問題はこれらの欠点の凡そを機動力でカバーできてしまうことです。

貫通力は側背面にまわることで、HP・装甲は単純に弾があたらない。視界はWGのいう能動的偵察とやらで、超信地旋回もスピードがのった状態であればその場で回ることで、それかそのままバック走行することで隙の少ない方向転換ができます(前後の障害物にはさまれて動けない場合もありますが)。DPMは先ほども書きましたが弾が当たらず打ち合いにならず、そもそも榴弾を使った場合貫通できる相手であればDPMは素で2500となります。

正直これらが欠点なのか怪しいと思います。使ううえで問題が発生するから欠点なのでありこれではウィークポイントとは言えないでしょう。

 

それに加え同格トップの砲旋回速度、照準時間、砲拡散。精度は二位ですが一位のRHMPZWとは0.01差の0.36。前述の拡散やら単発火力やらを含めればむしろこっちの方が狙撃に向いているまである始末。射撃時隠蔽はT-100LTに負けますが移動時、静止時隠蔽はこれまた一位。

 

別に持っているものと持っていないものが釣り合っていないわけではないのですが、明らかに能力が噛み合いすぎているとは思います。もしナーフするのであればこれらの噛み合っている能力のいくつかを外してやるようなものが望ましいと考えます。

例えば上でも挙げられている砲精度の劣化。またはオート照準の廃止。その他狙いにくい理由の一つであろう車体の巨大化、それに伴う隠蔽の低下。高貫通榴弾の取り上げ、等々でしょうか。

 

超高機動車両という大変面白い車両ではあるので機動力のナーフは避けてほしいところではあります。

長文失礼しました。

 

http://wotlabs.net/s...a/signature.png



Pepper_X #14 Posted 09 August 2019 - 11:42 AM

    Corporal

  • Member
  • 2292 battles
  • 12
  • Member since:
    10-02-2018

このゲームにおいて機動力と砲の性能が占める割合ってかなり大きいですからね…

自分も機動力を調整するのは特徴のない車両が増えるだけなので反対(やるとしてもタイヤ吸収に調整を入れる程度)ですが砲に関しては何かしら調整してほしいですね






1 user(s) are reading this topic

0 members, 0 guests, 0 anonymous users